スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世田谷 阿佐ヶ谷 ブッダガヤ

2010/6/6-8

ヒンドゥ教の聖地のあとは、仏教の聖地。


シッダールタがブッダとなった地。


ブッダガヤ。




ブッダガヤ菩提樹

ブッダが悟りを開いたという菩提樹。
の子孫。
しかし、場所は同じらしい。
大きな木です。


ブッダガヤ、マハーボディ寺院

大菩提寺。
この裏に菩提樹が立っている。





タイトルのギャグはインド人に教えてもらいました。



バラナシからは電車で約5時間。

インドに来て、1番移動時間が短い日。

移動が短いと楽だ~。



なんて油断していたら、着いた翌日





聖なる川、
ガンガーの力で体内浄化していただきました。


スピチュアル体験。


1日中トイレとベッドの往復。



食べてないのに、なんだか出るものはあるのね~。


でも、最終的に液体しか出なくなったので下痢止めを飲んだけど効き目なし。


何でだよ!!


今度は抗生物質を飲んでみたけど、やはり効き目なし。

ていうか、下痢に抗生物質って効くのかな?



結局は養生ですわ。


1日寝て、水分取って、安静にしてるのが重要ね。



次の日にはケロっと治っていました。


ちなみに、エリちゃんはほとんど何ともないようでした。
さすが11ヶ月も旅を続けている猛者。


前回のアウランガバードでのダウンといい、今回といい、体がだるくっても1日で治るのがいい感じね。痛みもないし。
1日なら寝てても平気だし。

朝起きて、元気なのを確認して大菩提寺に行ったり、電車のチケットを取りに行ったり、ラッシー飲んだり、チャイ飲んだり。


さて、私が寝ている間エリちゃんが何をしていたかというと…

みなさん、カウチサーフィンって知っていますか??
旅人を家に泊めてあげよう。と言う人の家に泊まって、宿代を浮かせ、現地の生活に触れよう。
という、ホームステイみたいなものです。

エリちゃんがやっていて、このブッダガヤでも泊めてくれる人がいるとの事で、そちらへ行っていました。
実は、1日目の夕方から夜まで私もお邪魔していて、翌日から泊まろうとなっていたのですが、翌日はダウンしてたので泊まる事ができなかったのです。
エリちゃんは2日目の夜からそちらに泊まらせてもらっていました。


で、この泊めてあげよう。という心優しい人は、インド人ではありません。
なんとドイツ人。

もともと、2年くらい旅をしていてインドでボランティアで貧しい人たちを救っているインド人と出会い、国に帰って1年間準備をして再度インド訪問。
学校まで作っちゃったと言う人です!!
28歳。

ブッダガヤ学校1

学校。
授業は週末だけだけど、それ以外の日も毎日ここで食事を振舞っているそうです。

ブッダガヤ学校2

竹垣の裏にも教室が。


なんて立派な人なんだ!!!
私も、同じようにインドでボランティアしているインド人と出会ったのに、こんなことは絶対できないな。
本当に、すごい。


ただ、彼らはバラナシへ用事があると言って、私が回復して泊まりに行った日にはもういなかったのですが…
私とエリちゃんでお留守番。

…信用しちゃって大丈夫なの??



ただ、学校の隣にボランティアを始めたインド人の家があり、その家族もいるし、食事を作ったり掃除をしたりする人もいたので平気だよ!


ということで、昼間はその家族の一員ババンがバイク3人乗りで色んなところへ連れて行ってくれました。


ブッダガヤスジャータ

ブッダガヤから少し離れたところにあるスジャータの村。
スジャータはガリガリになるまで絶食修行したブッダに乳粥を食べさせたという少女。


ブッダガヤエリちゃんとババン

ババンとエリちゃん。
ババンはエリちゃん大好きよ☆ 


 ブッダガヤブッダ

ブッダ達。



スジャータの後、1時間くらいかかるところにある山まで連れて行ってくれたんだけど、バイクでずっと股を開きっぱなしで股関節がヤバかった。
痛かった~。



ブッダガヤ田んぼ

田んぼを歩く人。


夕方、ブッダガヤにある日本寺で勤行と座禅をしていると聞いたので、エリちゃんと行ってみました。

インドの中に日本の寺。

ちょっと変な感じだった(笑)


普段、日本にいるときは寺なんて行かないのにインドで行ってる自分も変ね。


座禅は勤行の後15分ほどだったんだけど、もっと長く感じた。

同じ姿勢でじっとしているのは結構つらいね。





ブッダガヤ大菩提寺

日本寺のあと、また大菩提寺に行ってきた。
夕方は朝とはまた違う雰囲気でよかった。


ブッダガヤ川

これは砂漠ではなく川です。
雨が降れば水かさが増し、泳ぐこともできるそうですが、いまは干上がってしまっている。



夜は、学校の横にある住居部分で泊まらせて貰い、夕飯はババンが作ってくれたオムライス。

エリちゃんのおかげで素敵な体験ができてよかった~。

1人でブッダガヤ来てたら絶対こんな学校があることすら知る事ができなかったし。

人との出会いに感謝です。


ブッダガヤ井戸

子供のとき、トトロの映画を見てからずっとあこがれていた井戸。
ギコギコ、ハンドルを押すと水が出てきます。


ブッダガヤ燃料

牛君の落し物が燃料に。


ブッダガヤサイクルリキシャ

サイクルリキシャの眺め。
こんなガリガリのおっちゃん(じいちゃん?)が必死で漕いでくれます。
お金を払っているのに、申し訳ない気分になる乗り物。 


 ブッダガヤ電車

ブッダガヤ最寄のガヤ駅にて。
自転車まで運ぶの!!!?
ってかなり驚いてしまった!!!





暑い暑いインドの避暑地へ向けてレッツゴー!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

痩せて見えるよ!大丈夫?

最初の頃のブログに比べて、
沢山のいい人と出会ってる影響か、
優しい口調のブログになってきている気がする~
変化だね★

さっきの日記のイケメンにふいた(笑)

そのドイツ人凄いね!1人海外もすごいのに、更に定住して何かしようとか…(○_○;)
で、その28才はイケメンやった?ワラ

コメントありがとうございます

>>智子ちゃん
 痩せてる!!!?
 ありがとう!うれしいよ!
 インド、思った以上にいい人が多いんだい。
 いいことばっかりなら、人はやさしくなれるのです。

>>ずんちゃん
 28歳も結構かわいらしい感じのイケメンだったわ(笑)
 貧しい人のために何かが出来たらいいナとは思うけど、定住する根性はない…
 自分に出来ることを模索しましょう。

わたしの軌跡

the photos of the trip
写真を載せてます。
最新記事
最新コメント
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
旅でであった人たちへのリンク。みんなに会えてよかったよ~!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

NAME:わたしたかこ

まるい地球をぐるっとまわってきま~す!
2010年1月14日出発。
   4月 1日一時帰国。
   5月22日再出発!

性格:楽しいことが好き!
   
今までの渡航経験:カナダ(13歳)、韓国(24歳)


せっかく、豊かな経済大国日本に生まれたんだから、その恩恵をたっぷり受け取っちゃおう!
大富豪じゃなくっても、世界一周はできるんだ~!

twitter
ルート予定
大雑把なルートです。 陸路は途中で変更する可能性大です。
名古屋⇒香港
香港⇒ムンバイ
インド・ネパール
デリー⇒アンマン
中東・アフリカ・欧州
マドリッド⇒キト
エクアドル・ペルー・ボリビア・チリ
サンチャゴ⇒イースター島
モア~イ
イースター島⇒サンチャゴ
サンチャゴ⇒プンタアレナス
パタゴニア・アルゼンチン・ブラジル
サンパウロ⇒メキシコシティ
マヤ
メキシコシティ⇒ロサンゼルス
ハリウッドでセレブ体験
ロサンゼルス⇒ホノルル
リゾート
ホノルル⇒名古屋


空路 陸路
FC2カウンター
旅の間の本棚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。