スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マラッカ

2010/03/24



マラッカ



青い空とピンク色の建物


青い空とピンク色の建物!!
素晴らしいセンスです!何もかも吹っ飛ばすようなカラーコーディネート!
大好きだ!!!


そこは、16世紀初頭からヨーロッパのアジア侵略に翻弄され、ポルトガル、オランダ、イギリスから次々と植民地化されてきた土地…



なんてこと、全然知らずにいたのだけど、カンボジアで会った人に勧められたので行ってみました。

カンボジアで聞くまで名前すら知らなかったけどね。

ていうか、日本にいる時は知らなかった場所の方が多い。




マラッカは2008年に世界遺産に登録された、歴史のある町です。



町の至る所にオランダ、イギリス、ポーランドの残した史跡があります。


町全体もヨーロッパっぽい!!
(行ったことないけど)







美美術館

『民族と美の博物館』
にて展示されていた纏足用の靴。
そういえば、中国では見なかったなぁ。故宮も行ったのに。
見たけど覚えてないのかしら??
纏足の靴は思っていた以上に小さくって、こんなのを履いていたなんて信じられない!
下手したら、足首よりも足の方が小さいって事になるかも…羊とか馬の脚みたいに。


派手派手自転車

こんな派手派手自転車が大音量で音楽を鳴らしながら走っています。
トライショーというそうです。
夜になると、電飾をつけた物もあってすっごくにぎやか!!
乗っている人(客)はちょっと恥ずかしそうだった(笑)
私だって恥ずかしいと思うであろう。


謎のバス

謎のバス。船型。



世界遺産になって日が浅いからか、町全体が観光産業を盛り上げようとしている感じだなぁ。

そして、小さな街なのにショッピングセンターが多い!!
これは、クアラルンプールにも言えることだけどね。
絶対にそんなに買い物する人いないし!!


その証拠に、ショッピングセンター内には学校帰りの高校生や中学生くらいしかいませんでした。

どうすんだ??




マラッカで泊まった宿はとても雰囲気が良かったので、久しぶりに宿の写真をアップしちゃいます。



カンチル2

玄関を入ったところ。
間口は広くないのですが、奥行きが半端なく深い!!
うなぎの寝床どころの話ではありません。
この左側に私の部屋があります。


カンチル1

外と中との境目があいまいな感じ。
右側は屋根があるけど、左側はありません。
ちなみに、左側のドアはトイレ券シャワー。
この絵はオーナーが描いたそうです。


カンチル3

さらに奥へ行くと、素敵なお庭が!
ここで本を読んだり、音楽を聴いたり!



暑い国だから、外と中の壁が無くっても問題ないんだろうな。
でも、蚊が入ってくるんだけど…


毎日午前4時ごろ痒みで目が覚めるんだけど…



あぁ…蚊とは切っても切れない縁で繋がっているようです。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

わたしの軌跡

the photos of the trip
写真を載せてます。
最新記事
最新コメント
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
旅でであった人たちへのリンク。みんなに会えてよかったよ~!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

NAME:わたしたかこ

まるい地球をぐるっとまわってきま~す!
2010年1月14日出発。
   4月 1日一時帰国。
   5月22日再出発!

性格:楽しいことが好き!
   
今までの渡航経験:カナダ(13歳)、韓国(24歳)


せっかく、豊かな経済大国日本に生まれたんだから、その恩恵をたっぷり受け取っちゃおう!
大富豪じゃなくっても、世界一周はできるんだ~!

twitter
ルート予定
大雑把なルートです。 陸路は途中で変更する可能性大です。
名古屋⇒香港
香港⇒ムンバイ
インド・ネパール
デリー⇒アンマン
中東・アフリカ・欧州
マドリッド⇒キト
エクアドル・ペルー・ボリビア・チリ
サンチャゴ⇒イースター島
モア~イ
イースター島⇒サンチャゴ
サンチャゴ⇒プンタアレナス
パタゴニア・アルゼンチン・ブラジル
サンパウロ⇒メキシコシティ
マヤ
メキシコシティ⇒ロサンゼルス
ハリウッドでセレブ体験
ロサンゼルス⇒ホノルル
リゾート
ホノルル⇒名古屋


空路 陸路
FC2カウンター
旅の間の本棚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。