スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地雷博物館

2010/3/3-3/4


アンコール遺跡には、有名なアンコールワット以外にも沢山の遺跡があります。

とてもじゃないけど、1日じゃ回りきれない!!


ということで、7日間のうち好きな3日間だけ入場できるという券を購入しています。


でも、はっきり言って3日券でも全然まわりきれない!!



2日間観光した後は、ちょっと休憩。


3/3はのんびりダラダラとすごし、夕方から『地雷博物館』と言うところへ行くことにしました。


この、地雷博物館は元少年兵だった『アキ・ラー』さんと言う方が撤去した地雷や、戦争の資料が展示されています。

アキ・ラーさんは、戦争が終わってから地雷撤去の団体に所属し、その団体が解散した後もずっと地雷撤去をし続けているそうです。

地雷を埋めていた少年兵が、今は地雷撤去の仕事をしている。




IMGP2230.jpg

地雷が埋まっている様子。
すべて、火薬と起爆装置を取り除いたものです。


IMGP2231.jpg

アキー・ラーさんが取り除いた地雷の一部。


IMGP2234.jpg

博物館前には爆弾が並べられていました。


日本では、戦争は昔の事で、あまり意識することはないけれど、カンボジアではまだまだ戦争という物がすぐそこにある。と感じた。


3月2日のミニバンで遺跡巡りをした時のバンの運転手のおっちゃん(38)は若いころ(21)、軍隊で何か(なんだったか良く分からない・・・)の輸送用の大きなトラックを運転していたそうです。

ベンメリアで遺跡の案内をしてくれたおじさんは、ベトナムが嫌いだと言っていた。
カンボジアに攻めてきたから。


今まで、中国、ベトナム、ラオス、タイ、カンボジアと5ヶ国まわってきたけれど、カンボジアは断トツで遅れていると感じた。
他の4ヶ国にいる時は、

『これを発展途上国と言うのかな??
 じゅうぶん発展してるじゃん。』

と思っていた。

ラオスですら、遅れているけれどただ田舎っていう感じで、途上国というイメージはなかった。

しかし、カンボジアには発展途上国という言葉がしっくりくる。
今滞在しているシュムリアップはアンコール遺跡の玄関口として、発展している町ですが、栄えているのはほんの一部分。
外国人観光客が来るところだけ。
ちょっと外れると、電気が通っているのかどうかすら分からない所ばっかりだ。



IMGP2295.jpg

3月4日。アンコールワットリベンジ。
物売りの人から買ったシルクのスカーフ2ドル。
地雷博物館に行ってから、気持ちがちょっとだけ変わった??
タイで同じものを買うのなら、カンボジアで買おう。
マーケットで買うなら、物売りから買おう。と思った。

DSC_0834.jpg

トゥクトゥクに乗るマダム。






※私信
サハラ~!
メールありがとう。
前にもメール貰ってたし!
返信したんだけど、返って来ちゃうんだよ~!
メール届いてるからね!!!
サンキュー!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

わたしの軌跡

the photos of the trip
写真を載せてます。
最新記事
最新コメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
旅でであった人たちへのリンク。みんなに会えてよかったよ~!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

NAME:わたしたかこ

まるい地球をぐるっとまわってきま~す!
2010年1月14日出発。
   4月 1日一時帰国。
   5月22日再出発!

性格:楽しいことが好き!
   
今までの渡航経験:カナダ(13歳)、韓国(24歳)


せっかく、豊かな経済大国日本に生まれたんだから、その恩恵をたっぷり受け取っちゃおう!
大富豪じゃなくっても、世界一周はできるんだ~!

twitter
ルート予定
大雑把なルートです。 陸路は途中で変更する可能性大です。
名古屋⇒香港
香港⇒ムンバイ
インド・ネパール
デリー⇒アンマン
中東・アフリカ・欧州
マドリッド⇒キト
エクアドル・ペルー・ボリビア・チリ
サンチャゴ⇒イースター島
モア~イ
イースター島⇒サンチャゴ
サンチャゴ⇒プンタアレナス
パタゴニア・アルゼンチン・ブラジル
サンパウロ⇒メキシコシティ
マヤ
メキシコシティ⇒ロサンゼルス
ハリウッドでセレブ体験
ロサンゼルス⇒ホノルル
リゾート
ホノルル⇒名古屋


空路 陸路
FC2カウンター
旅の間の本棚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。