スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラオスの首都ビエンチャン

2010/2/12


あちぃ。



今までで一番暑い。


ラオスが暑いなんて聞いてないんだけど~!

山間部だから涼しいんじゃなかったの~??
(勝手な想像)

しかも、空気きれいだからダイレクトに太陽が攻撃してくるんだけど!!!
(空気がいいことはいいことです。)

暑いよ!!!!!



救世主2人組が朝9時半出発のバスでバンビエンへ向かうとのことでお見送りをしようと、




5時半に起床。






トイレに行くと何かがおかしい。


イタタタタタタタタ・・・・・・・・


これが世に言う下痢か・・・



痛いもんだな・・・





とりあえず治まったので、近所のお粥屋でお粥を食べました。

これが、美味しい!!

鳥肉とか、菜っ葉とかが入っていて、コメは姿がなくなるまで煮込まれていて、美味しい!!


お腹を壊した私にはピッタリのメニュー!




救世主たちを見送った後は、ビエンチャンの街を散策。




3人で

3人で。
許可をもらっていないので小さな写真を。



街角の祭壇

町の中にこんなのがある。



散策してみるものの、何もない。


本当にここは首都か??



日本なら東京、アメリカならワシントン、イギリスならロンドン。

もっと都会でしょ!!!!


暑いし何もないし、本当に何もする気にならない・・・


『何もないけど、逆にそれがいい。』

と何人かの方に勧められて来てみたけれど、何もないにもほどがある。

ただの田舎だ。


メコン川も川岸の工事中だし。。。




トボトボ歩いていると、後ろから来た欧米人に話しかけられた。

カナダ出身のその男性は、私が何もすることがない。
と言うと、自分の持っている地図を広げて、
『ココとココがいいから、行ってきなさい。
 もう僕はバスに乗ってタイに向かうから、この地図をあげよう。』


と言って地図を残して去って行きました・・・


なんで話しかけてきたんだろう?
パンダのTシャツ着てるから?
よっぽど後姿が『ヒッマー!!!』って感じだったのかしら???



せっかくなので、彼に勧められたところへ行ってみることにしました。

すると、12時から13時まではクローズ!!!

ただ今の時間12時35分!


仕方ない。
待つか。


お腹がすいていたので、何か食べようと思い、でもお腹を壊したあとだから消化にいい物がいいな☆

と思い、そこら辺にいたリアカーのおばちゃんから買ったのがこれ。


タピオカの


タピオカとココナッツミルクのやつ。


「1つちょーだい。」


と言うと、おもむろに巨大水筒のふたを開けるおばちゃん。
(巨大水筒:少年野球とか子供会の行事の時にお茶が入っていて、下のボタンを押すとお茶が出てくるまるいやつ)

中には1杯分ずつ袋に分けられたスイーツが。水筒はクーラーボックスのかわりなのね。
それを、お椀に入れてくれて、スプーン(金属製れんげ)を渡してくれる…



前に、その袋にスプーンを突っ込み、底の方に入っている氷を私のスイーツの椀の中に入れてくれた…








今朝、腹を壊していた私にこれは危険ではないのかしら???

何、この衛生面何も考えてないっぽいのは???



でも、氷が解ける前に食べきってしまえば問題ないんじゃないの???










13時になり、1つ目の寺院ワット・シケサットへ入りました。
これは、ラオスに現存する最古のお寺だそうです。
大きいのやら小さいのやらたくさんの仏像があります。

ラオスの寺院は本堂に入る時は靴を脱いで入ります。
ていうか、家もそうみたいです。

なので、靴を脱いで仏様にお願いしたことは



ワット・シケット


『今夜バスでルアンパパーンへ行きます。
 ルアンパパーンに着くまでお腹が痛くなりませんように。』





続きまして、斜向かいにあるワット・ポー・パケオ寺院へ。


ワット・ポー・パケオ


派手!!!


赤地に金模様!!


ここには昔、翡翠で作られた仏が置かれていたそうですが、今はその仏像はタイにあるそうです。

なんで??




ここでも、靴を脱いで仏様に

『今夜バスでルアンパパーンへ行きます。
 ルアンパパーンに着くまでお腹が痛くなりませんように。』


とお祈りをして退散。



ワット・ポー・パケオの扉

本堂の扉。派手。



魚をつかむ龍

階段の手すりの龍は魚をつかんでいる。





ビエンチャンにはタイのビザを取りに来たのですが、ホテルのレセプションで聞くとビザが下りるのは2日後よ☆
(陸路入国だと15日のビザしかなく、それ以上はお金を払って申請しなくてはならないそうです。3月末までは何故かタダでビザの発行をしているとのこと。)

そう。
到着した日が木曜日の夜。
金曜の朝に申請しても、受け取りは月曜日…



こんななんもない町に3日もいれるか~~~~!!

曜日の観念なんてなくなってたし~!



と、世界遺産の街ルアンパパーンへ。


19時に出るバスに乗り込み出発!!
今回は10時間の予定だし、余裕~!24時間を経験した私に怖い物はない!!




積載量オーバー

バスの天井に乗せる荷物は、様々です。
下のトラックに入りきらなかった乗客の荷物、野菜、花、籠、バイク、アヒル、鶏



鳥

これが6籠。
こいつら、着くころには死んでんじゃないの??



補助席

補助席。
本当にこれに座っているひとがいる。
料金はどうなっているのだろうか???




走り出したとたん



♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪~♪♪




うるさい。


大音量でラオス歌謡を永遠に聞かされる。
消灯しても音楽は流れ続ける・・・


しかも、席がメチャクチャ狭い。
1列だけシートのタイプが違うから、きっと後から1列増やしたのでしょう。

私ですら、膝が前の座席の後ろにぶつかります。

いつもなら、前の座席の下に足を延ばしているのだけど、そんなスペースもない。


狭い。


通路に足を放り出せる右足はまだいいのだが、左足がヤバい。

膝が痛い。


耳も痛い。

尻も痛い。



耳が痛い。

膝が痛い。

尻が痛い。



足が長い人たちはこんな苦労を移動のたびにしているのかしら?

途中、深夜1じはんごろきゅうけ


こんな状態で山道を進み、私にしては珍しくほとんど寝られず、ようやくルアンパパーンに着いた時には12時間が経っていました・・・
12時間ラオス音楽と共に~♪


疲れた。
今までの移動で一番疲れた。

しかも、パソコンの入ったカバンを荷物棚に置いていたので、振動でパソコンが壊れるのではないかと気が気でなかったし・・・

やはり、今まで通り膝に置いておく方がいいな・・・

でも、狭すぎて今回はそんなことできなかったんだもん!!!!



マジつかれた~!

あぁ・・・屋根の上で鶏が鳴いている。


ルアンパパーンからビエンチャンに戻るか、北上してフエサイに行くか悩んでいたのですが、決定しました。

あのバスにはもう乗りたくない。



明日(2月15日)の朝出発の船でメコン川を遡ります。
2日間かけてフエサイへ!


船旅楽しみ~!



※VIPバスというもっと快適なバスもあります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

わたしの軌跡

the photos of the trip
写真を載せてます。
最新記事
最新コメント
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
旅でであった人たちへのリンク。みんなに会えてよかったよ~!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

NAME:わたしたかこ

まるい地球をぐるっとまわってきま~す!
2010年1月14日出発。
   4月 1日一時帰国。
   5月22日再出発!

性格:楽しいことが好き!
   
今までの渡航経験:カナダ(13歳)、韓国(24歳)


せっかく、豊かな経済大国日本に生まれたんだから、その恩恵をたっぷり受け取っちゃおう!
大富豪じゃなくっても、世界一周はできるんだ~!

twitter
ルート予定
大雑把なルートです。 陸路は途中で変更する可能性大です。
名古屋⇒香港
香港⇒ムンバイ
インド・ネパール
デリー⇒アンマン
中東・アフリカ・欧州
マドリッド⇒キト
エクアドル・ペルー・ボリビア・チリ
サンチャゴ⇒イースター島
モア~イ
イースター島⇒サンチャゴ
サンチャゴ⇒プンタアレナス
パタゴニア・アルゼンチン・ブラジル
サンパウロ⇒メキシコシティ
マヤ
メキシコシティ⇒ロサンゼルス
ハリウッドでセレブ体験
ロサンゼルス⇒ホノルル
リゾート
ホノルル⇒名古屋


空路 陸路
FC2カウンター
旅の間の本棚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。