スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観光しまくり散財!!

2010/1/28


本日は気合を入れて!


チャンドゥ市内の名所を見まくるぞ!!





ということで、まずは武候祠博物館へ。



ん???



入場料60元!!高いなぁ!!日本円にして約900円だよ!

こんなん、普通の人民は入場できないんじゃないの?


むふ~。




ここは、三国志で有名な諸葛亮の祠堂だそうで、劉備も祀っているそうです。

劉備
こんなんがたくさん。誰が何なんだか、日本語の説明があってもさっぱりピーマン。

三国志の事は全然わからないや。




祠堂の周りは、中国の古い街並みを…中国以外の町並みを再現してもしょうがないな。
古い街並みを再現しており、ちょっとタイムスリップした気分。
これも、60元に含まれております。

武侯祠博物館1


そんなに広くはないのに、出口が見つからないという不運に見舞われ、グルグルとこの町並みを回ることに…



武侯祠博物館2
多分、春節のための提灯たち。きれいです。

提灯3提灯2提灯1
こんな絵柄が描かれております。


ところで、中国では道端でよくフルーツ飴を売っています。

多くはサンザシの飴ばっかりなのですが、私はあまり好きではなく、この町並みの中でイチゴのを売っていたので買ってみました!

イチゴ飴

豪華でしょ!ちょっとお高めの6元!
でも、美味しかった~。
こんな怪しげなものを食べても私のお腹は大丈夫!



続きまして、中学生か高校生の時に真面目に国語の授業を受けていた人なら誰でも知っている、中国の詩聖とよばれる彼の方がかつて住んでいたというところへ行ってまいりました。

こちらも入場料60元!!

成都の入場料高すぎじゃない????



国破れて山河あり
城春にして草木深し

国破れて山河あり


ご存じですね。


杜甫です。



ここに飾られている杜甫の銅像や肖像画はどれも悲壮な感じで、杜甫の苦労をしのばせます。


…とか言っても、あまり知らないんだけどね。
三国志よりは知ってるけど。

杜甫草堂1
杜甫が住んだという家を再現したもの。見た目は日本のかやぶき屋根の家とそっくりですが、畳はありません。というか、床がない。全部土間。これじゃぁ落ち着かないであろう。

一応国語の授業受けててよかった。
学生時代、漢詩の授業なんて意味ないし!!と思っていたけど、今役に立っています。
無駄なことなんてないのかもね。



その後、今度は四川道教の中心地、青羊宮へ行ってきました。
こちらは入場料10元。
良心的です。

道のお寺で、あの勾玉を2つくっつけたような陰陽の模様が至る所に描かれていました。
しかし、もしここが仏教寺院だと言われれば納得してしまいそうなくらい、仏教寺院と変わりないような…
派手な寺でしたが。


この中に、12種の動物の化身という『独角獣』の像がありました。
災厄をはらう神羊だそうです。
ちょっと気持ち悪いよね~。

独角獣

ここで、夕方になってしまったので観光は終了!
明日出発の九塞溝行きのバスのチケットをゲットしてホステルへ帰りました。


太公望
街中の、どう見ても何も住めそうにない気持ち悪い色の川で釣りをする人々。
なにか釣れた様子はない。


新聞を読む人々
中国人だって色々気になります。

IMGP0855.jpg
元気があれば何でもできる!!チカラコブ!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

満喫してるね~

わたさんのブログ読みましたー。痛い目にもあってるみたいだけど、世界を満喫してるね。元気そうで、なによりです。。一応(笑)女子なんだから、体には気をつけてよー。ブログ楽しみにしてるねー

わたしの軌跡

the photos of the trip
写真を載せてます。
最新記事
最新コメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
旅でであった人たちへのリンク。みんなに会えてよかったよ~!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

NAME:わたしたかこ

まるい地球をぐるっとまわってきま~す!
2010年1月14日出発。
   4月 1日一時帰国。
   5月22日再出発!

性格:楽しいことが好き!
   
今までの渡航経験:カナダ(13歳)、韓国(24歳)


せっかく、豊かな経済大国日本に生まれたんだから、その恩恵をたっぷり受け取っちゃおう!
大富豪じゃなくっても、世界一周はできるんだ~!

twitter
ルート予定
大雑把なルートです。 陸路は途中で変更する可能性大です。
名古屋⇒香港
香港⇒ムンバイ
インド・ネパール
デリー⇒アンマン
中東・アフリカ・欧州
マドリッド⇒キト
エクアドル・ペルー・ボリビア・チリ
サンチャゴ⇒イースター島
モア~イ
イースター島⇒サンチャゴ
サンチャゴ⇒プンタアレナス
パタゴニア・アルゼンチン・ブラジル
サンパウロ⇒メキシコシティ
マヤ
メキシコシティ⇒ロサンゼルス
ハリウッドでセレブ体験
ロサンゼルス⇒ホノルル
リゾート
ホノルル⇒名古屋


空路 陸路
FC2カウンター
旅の間の本棚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。