スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

働く男達

2011/01/30-31



最高の思い出の地、ウユニを去る日がやってきた。



といっても、4泊しかしてないんだけど。




IMGP8792.jpg


IMGP8794.jpg
見送りに来てくれたみんな。
また、どこかで会いたいな~。会えるよね??





ウユニから悪路をバスに揺られること約5時間。


爆睡していたから悪路は気にならない。



次なる町はポトシ。


アンデス山脈中の盆地にあり、標高約4,000m。人が住む都市としては、世界最高地点である。

スペイン統治時代に金・銀を多く産出する鉱山が開発され、45,000tの銀などを産出したが、19世紀にはすっかり枯渇してしまった。銀の枯渇に加え、19世紀初頭の独立に伴う戦乱で、荒廃が進んだ。その後、19世紀末からは錫(すず)が大量に採掘されるようになり鉱山の活気も復活したが、現在では錫もほぼ枯渇している。しかし、現在も主に手彫りで作業を続けている坑夫がいる。
1987年、セロ・リコ鉱山を含め、他の建造物とともに世界遺産に登録されている。奴隷制度の象徴として、負の世界遺産にも数えられている。


(wikipediaより抜粋)




そんなわけで、鉱山ツアーに参加してきました。




IMGP8803.jpg

服が汚れないように、作業着に着替えてしゅっぱーつ!!




まずは、市場に行って鉱山で働く人たちへのお土産を購入。




IMGP8804.jpg

コカの葉、石灰、タバコ、酒、コーラなど



坑夫は、食事も取らずにコカの葉を噛みながら仕事をするらしい。
ためしに、コカインの元になるコカの葉と石灰を一緒に口に入れて噛んでみる。

コカの葉は渋い。
石灰は甘い。

合わせると、口の中がしびれる。


IMGP8808.jpg

ヘッドライトを装着して、お土産を持ってイザ鉱山の中へ。


内部は、暗く埃っぽい。
マスク無しではかなり辛い。
マスク、もって来てよかった。


IMGP8814.jpg

トロッコを押す、働く男達とガイド。


働く男達の頬は、コカの葉で膨らんでいる。



鉱山で働く人たちの日給は約80~90ボリビアーノ。
1000円前後だ。
辛い労働なのに、この賃金。
それでも、みんな働く。
10台の前半から働き出すらしい。
そんな状況でも約9,000人の人たちが働いているらしい。

ガイドがスペイン語だったので全然分からない。
何故、英語ガイドじゃないんだ?

まぁ、私以外はみんなスペイン語できるから問題ないけど・・・涙

IMGP8820.jpg

穴の中に入ったり、

匍匐前進したり、

お土産渡したりしながら時は過ぎていく。


このツアー、ダイナマイトの爆破が見られると聞いていたけれど、私たちの参加したツアーでは危険だからと言って、爆破はなかった。
まぁ、爆破には特に興味なかったからいいけど。


IMGP8833.jpg

鉱山の中にある神様。大地の神様らしい。


9時に始まったツアーは、13時に終了。


鉱山に行ったのは初めてだったけど、こんな過酷な環境の中で働いている人たちがいるなんて・・・
最近、チリの鉱山で生き埋めになった人がいたけれど、もし自分がここに閉じ込めらたら多分、発狂する。
空気が汚いし、なくなるかもしれないし、石が落ちてくるかもしれないし・・・

年間、事故や病気で約40人が亡くなっているそうです。





ツアーが終わった時には、体も髪の毛もすごく埃っぽくなっていた。



IMGP8836.jpg

街中のかわいいゼブラゾーン。



IMGP8841.jpg

昼間からビールを飲むお気楽な日本人達。



この日の夜、クスコから一緒にいた愉快な仲間達がラパスへ旅立っていきました。
1ヶ月以上も他の人と一緒に旅をしたのは初めてだったけど、すごく楽しかった。
クスコ、マチュピチュ、プーノ、チチカカ湖、コカパバーナ、ラパス、コロイコ、ウユニ、ポトシ・・・
本当に楽しくって、1ヶ月があっという間だったのに、思い出すとすごく濃くて長かった。
皆とのお別れはすごく寂しかったけど、いつかまた会えると信じて別々の道を歩む事にしました。


バイバイ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

わたしの軌跡

the photos of the trip
写真を載せてます。
最新記事
最新コメント
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
旅でであった人たちへのリンク。みんなに会えてよかったよ~!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

NAME:わたしたかこ

まるい地球をぐるっとまわってきま~す!
2010年1月14日出発。
   4月 1日一時帰国。
   5月22日再出発!

性格:楽しいことが好き!
   
今までの渡航経験:カナダ(13歳)、韓国(24歳)


せっかく、豊かな経済大国日本に生まれたんだから、その恩恵をたっぷり受け取っちゃおう!
大富豪じゃなくっても、世界一周はできるんだ~!

twitter
ルート予定
大雑把なルートです。 陸路は途中で変更する可能性大です。
名古屋⇒香港
香港⇒ムンバイ
インド・ネパール
デリー⇒アンマン
中東・アフリカ・欧州
マドリッド⇒キト
エクアドル・ペルー・ボリビア・チリ
サンチャゴ⇒イースター島
モア~イ
イースター島⇒サンチャゴ
サンチャゴ⇒プンタアレナス
パタゴニア・アルゼンチン・ブラジル
サンパウロ⇒メキシコシティ
マヤ
メキシコシティ⇒ロサンゼルス
ハリウッドでセレブ体験
ロサンゼルス⇒ホノルル
リゾート
ホノルル⇒名古屋


空路 陸路
FC2カウンター
旅の間の本棚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。