スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルバニアの首都、知ってますか?

2010/10/23-24


枕を涙で濡らした翌日、アルバニアの首都へ移動すべく宿を出た。


アルバニアの首都を知っている人はいますか~???



はい、いないようですね。



ティアナTHIANAです。




はい、ピンと来ませんよね。


正直、ティアナには特に見所もないし着いたのが夕方だったし適当に町をブラブラしただけです。


IMGP6305.jpg 

マクドナルドじゃないよね…?



ティアナの町は、ヨーロッパ風だし、キレイだし、栄えているんだけど、ちょっと中国っぽいかも。

色を使っているのに、全体的に灰色っぽいところとか、工事いっぱいしてるところとか、ダサいファッションとか、クラクション鳴らしている車が多いところとか、車優先の交通ルールとか…

なんか、ちょっと中国っぽい。
共産主義だったからかな?
ヨーロッパのほかの元共産主義国を見てみないと分からないけれど、共産主義をとっていた国って似ているのかもしれない。
歩いている人を全部東洋人に変えたら、まるっきり中国って感じの雰囲気でした。


IMGP6306.jpg 

ティアナビール130Lek(約130円)。不味い。


IMGP6310.jpg 

野菜と牛の脳煮込み400Lek
アルバニアの伝統料理らしいです。美味しかった~!!
前日食べた伝統料理ががっかりだったので、ちょっとドキドキしながら注文したけれど美味しくってよかった!!



翌日は、市内の博物館へ行った後ティアナの北のほうにあるクルヤというところへ行ってみました。
ここは町が小さいながらも、城があり、城までの道も雰囲気抜群☆ってガイドブックに書いてあったので、ガイドブックの言うがままに言った場所ですな。


IMGP6324.jpg 

民族衣装。買う人いるのかな??


IMGP6339.jpg 

ベンツがたくさん走っている。
近隣諸国からの盗難車だとか何とか…
ナンバープレートにもアルバニアの国章。双頭の鷲。




ここに行くバス乗り場で偶然フランス留学中の日本人の男の子に出会いました。
どこにでもいるな、日本人。
彼は、前日知り合ったというアルバニア人と一緒にいたので私も一緒に行動させてもらいました。

クルヤへ向かう道中、バスの中でも、クルヤについてからもこのアルバニア人は色々説明してくれて、アルバニアの歴史についても説明してくれていたっぽい。

なんせ、高度な英会話をしていたため半分以上理解できなかった…

ただ、もし日本で外国人と知り合って一緒に行動したとしてもこんなに自分の国の歴史について説明できないな~って。
それは、英語だからって意味ではなくて日本語でもできない。
それって、ちょっと恥ずかしいかもって思った。




この人、日本人の男の子と高度な英会話を交わしながらもたまに気を使って私にも話をふってくれる…のだけれども、あんまり聞いていなかったり理解できなかったりでちゃんと会話が出来ない。

ヤバイ!!せっかく現地の人と話をするチャンスなのに!!!!


ということで、ちょっくら気になっていた事を聞いてみました。


「ギロカスタル城でゲイのカップルを見たんだけど、アルバニアにはゲイが多いの?」


と。
他に話題あるだろ!!って思うけど仕方ない。
気になったんだから。


「それって、アルバニア人??」



「たぶんね。そう思うよ。」




この後、自分からふった話題なのにもかかわらずまたもや高度な英会話についていけず留学生に訳してもらったところ


アルバニアでは共産主義のときは同性愛と分かると逮捕されて10年間刑務所に入れられたりしたらしい。
ただ、民主化になってからは法的しめつけはなくなったけれどやはり、周囲の目は厳しいとの事。
だから、同性愛という事をオープンにしている人はすごく少ないそうです。
日本みたいだよね。


「もし、タカが同性愛だと告白したら両親はどんな反応をすると思う?」


と聞かれてしまった。


「たぶん、すごく驚いてすぐには受け入れることは出来ないと思うけど、何度も説明をしたら分かってくれるんじゃないかな。」


と答えておきました。
どうでしょうか、私の両親??あってる?



「そうか。もし僕が同性愛だと告白したら、両親に殺されちゃうよ!」




ヒ~!!!



そして、彼はゲイでした。



なんてナイーブな質問をしてしまったんだ、私。
案外、世界には同性愛者が多い気がする。

日本にもたくさんいるけど私が知らないだけなのか、本当に少ないのかどっちなんだろう??
日本にいる時と比べてそういう人を見る事が圧倒的に多い海外。




3人仲良くバスでティアナに帰ってきて


「タカはこれからどうするの?」


と聞かれたので、夕飯時なのに


「疲れたし、ホテルに帰るよ。」


と言って2人とはお別れしました。
気を利かせたつもりですが、どうでしょうか??(笑)
余計なお世話かもね。




そんな私はホテルには帰らず、ショッピング。

実は、私、痩せたんです。
日本から持ってきた服が全部ゆったり。
痩せたんです。
うふふ。
細くはなってないけれど、HIMANN体型からHUKUYOKAさんくらいにはなったのさ。
だから、この体を維持するためにピッチピチのGパンを買いました。
うふふ。
うれしいわ!!!
アハハハハハハ!!!!!
ダイビングダイエット!!!!!
日本に帰るまで、この体を維持するわ!!!

オホホホホホホホ!!!!!!


あ~、うれしい。




そして、夜はティラナで一番高いビルの最上階にある、60分で1周する回転式展望台バーへ行きました。
もちろん、1人で。
…1人の客なんて私だけ。
ティラナの夜景を360度、座りながらにして見られるし。
いいんだもん。
1人なんて慣れてるし。




IMGP6351.jpg 



ガラスに映る、寂しいオンナにご注目。
この人、1人でアップルパイとジントニック注文してたよ。
何その組み合わせ??
食べたいのか飲みたいのかどっちだよ!!

って、自分で自分に突っ込みながら夜景を堪能。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 実はパパも、、、、、、、芸です。(アッ 人が抜けてた。正しくは芸人です)

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

わたしの軌跡

the photos of the trip
写真を載せてます。
最新記事
最新コメント
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
旅でであった人たちへのリンク。みんなに会えてよかったよ~!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

NAME:わたしたかこ

まるい地球をぐるっとまわってきま~す!
2010年1月14日出発。
   4月 1日一時帰国。
   5月22日再出発!

性格:楽しいことが好き!
   
今までの渡航経験:カナダ(13歳)、韓国(24歳)


せっかく、豊かな経済大国日本に生まれたんだから、その恩恵をたっぷり受け取っちゃおう!
大富豪じゃなくっても、世界一周はできるんだ~!

twitter
ルート予定
大雑把なルートです。 陸路は途中で変更する可能性大です。
名古屋⇒香港
香港⇒ムンバイ
インド・ネパール
デリー⇒アンマン
中東・アフリカ・欧州
マドリッド⇒キト
エクアドル・ペルー・ボリビア・チリ
サンチャゴ⇒イースター島
モア~イ
イースター島⇒サンチャゴ
サンチャゴ⇒プンタアレナス
パタゴニア・アルゼンチン・ブラジル
サンパウロ⇒メキシコシティ
マヤ
メキシコシティ⇒ロサンゼルス
ハリウッドでセレブ体験
ロサンゼルス⇒ホノルル
リゾート
ホノルル⇒名古屋


空路 陸路
FC2カウンター
旅の間の本棚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。