スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年夏、世界中を興奮させたあそこ

2010/1/20




7日目~♪

今日は、ここへ行ってきました!!

オリンピック公園看板



そう、2008年夏のオリンピックが開催された会場です。
読めましたか?
無理矢理漢字(笑)



ここは今まで行った観光地よりも少し宿から遠かったですが、地下鉄を2回乗り換えるだけで行けます。

北京の地下鉄はマジすごい!


オリンピックの跡地なんて、行く前から何もないのは分かっていましたが、せっかくなので行ってみました。


鳥の巣


鳥の巣
特に、テレビで見たのと違いはないというか、そのままでした。
大きさもこんなもんかなと。
入場料を払えば中に入れるようになっていたのですが、やめておきました。


体育館


国家体育館
こちらはあまり外観をテレビで見ることはなかったかな?
見ての通り、現在は封鎖されており、外にはフェンスが張り巡らされておりました。
しかも、このフェンスの中にはポイ捨てされたゴミが散乱し、今後この施設が使われることはないのかな?って感じでした。


水泳場


国家遊泳館
プールとかがある建物ですね。
これは結構テレビでも外観が流されていましたねぇ。
キタジマコウスケ!!!
こちらの施設も現在は封鎖されており、フェンスで囲まれていました。
しかし、こちらはまだ使用するかもしれないな…?という感じです。

…しばらく使用していないプールなんて、次使うときは匂いとか垢がすごそうだなぁ。
最後に使った後、きちんと掃除したとは考えにくいし。中国だし。
やっぱり使わないかもね。



せっかくこんなに素晴らしい施設(オリンピックで使えるくらいだもの!)があるのに、このまま朽ち果てるのを待つのみなのかな??
今まで見てきた中国全体に言えることだけど、中国人は建物を作って満足してしまうのか、新しい建物以外はみんな汚いし、ぼろい。
この公園内の施設も、まだ1年半くらいしか経っていないはずなのに、もう汚くなっているし。
もったいないな~。


オリンピック公園見取り図


そして、これがこの公園の見取り図。
鳥の巣からプール(青いの)まで、が相当広いです。
幅100メートルくらいありそうな広い道(?)です!
広いでしょ?
開会式、この公園でやっても余裕で世界中の選手、関係者、応援の人、全員を収容できそうでした。

さすが、大陸。
本当に広い。
日本でこの規模の公園を作ろうと思ったら山を切り崩さないといけないかも!!!?






そして、夜は…





京劇

京劇
写真撮影可って!!日本じゃありえんね(笑)

を見てきました!!

同じ宿の日本人2人と連れだって、行ってきました。


ホテルに入っている劇場、その名も梨園劇場といいます。

なんだか、日本の歌舞伎を思い出させますねぇ。
顔は白塗りだし、演劇だし。


ギリギリの時間に入ったにもかかわらず、席がガラガラだったので前の方に座ることができました。


この劇場はホテルに入っているので、毎日上演しているそうですが、初めに行こうと思っていた劇場はこの時期は客が少ないため週に3回くらいしか上演していないとのことです。
冬の中国は人気がないようですね。

それでも、梨園劇場には日本人や欧米人の観客が何グループか来ていました。

こんなに寒い北京に何しに来たんだろう?




京劇は、言葉が分からなくっても見ていれば何となくストーリーが分かるし、ストーリーが分からなくても、、動きを見ているだけで面白かったです!


見た演目は

八大錘 eight hammers

盗庫銀 stealing silver in storage

というものです。
興味がある方は調べてみてください。


その帰り、せっかくなので夜の天安門も見に行ってみました☆


夜の天安門


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

わたしの軌跡

the photos of the trip
写真を載せてます。
最新記事
最新コメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
旅でであった人たちへのリンク。みんなに会えてよかったよ~!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

NAME:わたしたかこ

まるい地球をぐるっとまわってきま~す!
2010年1月14日出発。
   4月 1日一時帰国。
   5月22日再出発!

性格:楽しいことが好き!
   
今までの渡航経験:カナダ(13歳)、韓国(24歳)


せっかく、豊かな経済大国日本に生まれたんだから、その恩恵をたっぷり受け取っちゃおう!
大富豪じゃなくっても、世界一周はできるんだ~!

twitter
ルート予定
大雑把なルートです。 陸路は途中で変更する可能性大です。
名古屋⇒香港
香港⇒ムンバイ
インド・ネパール
デリー⇒アンマン
中東・アフリカ・欧州
マドリッド⇒キト
エクアドル・ペルー・ボリビア・チリ
サンチャゴ⇒イースター島
モア~イ
イースター島⇒サンチャゴ
サンチャゴ⇒プンタアレナス
パタゴニア・アルゼンチン・ブラジル
サンパウロ⇒メキシコシティ
マヤ
メキシコシティ⇒ロサンゼルス
ハリウッドでセレブ体験
ロサンゼルス⇒ホノルル
リゾート
ホノルル⇒名古屋


空路 陸路
FC2カウンター
旅の間の本棚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。