スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クアラルンプールの長い日々(1)

2010/3/16

マレーシア、クアラルンプール空白の2日間…
実は詐欺にあっていました。
そして、大金を失った…




前日の夜中に宿に入り、一夜明けて同じ宿の日本人旅行者と朝昼兼用の食事を食べに行った帰り、午前11時半ごろから始まったお話…




バスのチケットを買おうと思って道を歩いていたら突然

『あなたのその髪型すごく素敵ね!どこでやったの??』
とおばさんが話しかけてきました。

『タイのカオサンロードでやりました。』

と答え、少し話をしていると

『私の妹が日本の名古屋に留学しているの!
 名古屋の事が知りたいから、家へ来て一緒にお昼ご飯を食べましょう。』

と誘われ、内心『お腹いっぱいだし、面倒だし、怪しいからイヤだな~』と思いながら『でも、面白そうだし行ってみようかな~』
とついて行くことにしました。



その場でタクシーを拾って彼女(グレイス)と一緒に何故か彼女の妹の家へ到着。
しかも、このタクシー代は何故か私が支払った…


着いた家は、住宅街の中にあるかなり立派な家。
他のマレーシアの家に行ったことがないから比べられないけど、かなりいい暮らしと言った感じでした。


家に入ると、彼女の妹とその子供2人が食事中。
玄関入ってすぐの居間に通され、お茶を出してもらったりしていたら、奥からデブな男性が出てきた。

グレイスの弟でアールと言う名前。

グレイスもアールも英語が上手く、かなり聞き取りやすい。
私のへっぽこ英語でもそれなりに会話が弾みます。

なんでも、アールは豪華客船に仕事で乗っていたことがあるらしく、横浜からシンガポールまで船で行ったらしい。
その時、横浜に5日間滞在したことがある。

とかなんとか。

そして、10分くらいしたところでアールが

『タカコはカジノへ行ったことがあるか?
 僕はマレーシアの大きなカジノ(名前忘れた)で18年ディーラーをしているんだ。
 タカコが来たら、勝てるようにしてあげるからおいでよ!
 ただし、勝たせてあげられるのは30分だけだから、すぐにやめるんだよ。』

と言いだしました。
さらに、

『ブラックジャックをやったことはあるか? 
 ないなら、今から練習しよう。』

と、グレイスと共に別室へ連れて行かれ単純なイカサマのテクニックを教えられた。
ディーラーであるアールが、伏せてあるカードの番号と、親の持っているカードの番号を子である私にサインで教えてくれるという、かなり単純なもの。

何分か経ち、サインを間違えなく読み取れるようになった時に
アールが

『今からブルネイの大金持ちが遊びに来る。
 この人は麻雀が大好きで、昨日も30時間以上麻雀をしていた。
 その時にかなり大儲けをしていたんだ。
 しかも、この人はケチで僕がディーラーをしたゲームでも全然チップをくれないんだよ!!
 このゲームで勝って、お金を巻き上げてやろう!!
 タカコはグレイスと相談しながらゲームすればいいよ。
 だけど、ゲームは30分だけ。
 僕がコーヒーを飲もうと言った時が終了の合図だよ。』


と提案してきました。
私は何も考えずに『いいよ~』と答えた・・・


5分後、グットタイミングにブルネイの大金持ちミスターアババがやってきた。
シャツにジャケットという、お金持ちっぽい服装をした、成金趣味のおっさん。


そして、ゲームスタート。
アババは突然30,000ドルの札束をカバンから出して来てアールに渡した!!
30,000ドルの札束ったら、もうブロックだよ!!
私は
『今朝、タカコのボーイフレンドから200ドル預かってるから、
 タカコはお金出さなくてもいいよ!』

と言われ、金は出しませんでした。

ゲームは進み、順調に私が勝っていきます。
アババは負け続けているのにどんどん賭けていき、
『このくらいの金額は私にとったらはした金さ!』みたいなことをほざいていました。

そして、私は勝ち続けているにもかかわらず、親と同じ金額賭けなくてはいけないとか言われて、気づけば27,000ドルの借金…

どうせ最後は勝つんだしいいか~。

とか思っていた。
というか、27,000ドルがどのくらいの金額か分からなくなっていた。


そして、勝ち続けて最後のゲーム。
このゲームもイカサマで勝っていた。

彼の手札は20。私は21。

しかし、カードをオープンする直前アババが

『私はキャッシュで賭けて、お金がある事を見せているが、タカコは本当に持っているのか?
 見せてもらってから、このカードをオープンしたい。
 キャッシュがなければ、ダイヤモンドでもいいぞ。』
とか言い出しました。
今思えば当たり前だよな。
なんたって、小汚い小娘が250万円くらい借金しているんだから。(この時点で私はこの金額を分かっていなかったけど…)


アババに少し時間を貰い、別室でアールとグレイスと相談することに。

アール『タカコ!!やったね!これであの3200ドルは僕たちの物だよ!!
    僕とタカコが15,000ドルずつ。グレイスは2,000ドルだ!
    もうすぐ僕たちはお金持ちだよ!
    しかし、そのためにはお金を用意しなくてはいけない。
    見せるだけだから、見せたらすぐにまた銀行に返せばいいよ。
    タカコは幾ら用意できるの??
    足りない分は僕が友達から借りてかき集めてくるよ。』

私『500ドルくらいかな』

アール『タカコ!!あのお金が僕たちの物になるんだよ!
    もっと真剣に、本当の金額を教えてくれ!!
    クレジットカードは何枚持っていて、どのくらい用意できるんだ!!?
    ダイヤモンドでもいいと言っていたから、ダイヤを買ってもいいんだよ!』

私『う~ん、じゃあ5,000ドルくらいかな。』



と、見せ金作りのためにいったんゲームはストップして、カードはそれぞれ封筒に入れて封をして金庫へ保管。


私はカードを全部宿に置いてあったので、運転手つきの車でグレイスと一度宿に戻ってから銀行ATMへ。



宿に戻り、朝の日本人旅行者がいたので

『もしかしたら、私ブラックジャック詐欺にあってる最中かも…
 でも、どうしてか今勝ってるし、どうなんだろう??』

と話をしたにもかかわらず、カードをもってグレイスのもとへ…


そのままグレイスと大きな駅のATMまで行ってお金をおろし続けました。
そして、銀行残高が無くなり、グレイスにその旨を伝えると

『もう1枚クレジットカードも持っているんでしょ??
 そっちも使ってお金をおろしてちょうだい。』

しかし、クレジットカードはさすがにイヤだったので適当な暗証番号を入れていたらカードがマシーンに吸いこまれたまま帰ってこなくなった…

『あっちにこのATMの銀行があるから掛け合ってあげるわ!
 パスポートは持っているわよね?』
とかなんとか言って、必死に私の金を引き出そうとするグレイス…


怪しい…


私『グレイス、やっぱり怖いから帰りたい。』
グレイス『何がこわいの??
     覚えてる?私たちは勝ってるのよ!
     あなたのカードが21で、アババは20だったの忘れたの??
     見せ金さえ用意すれば、あのお金が手に入るのよ!
     お金を手に入れたら、またすぐにここへ連れて来てあげるから、銀行に入金するのよ!』

とかなんとか言われて、大金を持って再度あの家へ…




私は馬鹿か。



そこではアババとアールが私(の金)を待ち迎えていた。


お腹がすいたので軽く食事を取ってから
アババだけが例の部屋へ入り、私達3人は再び相談。


アール『タカコ、お金は用意できた?
    僕も用意してきたよ。
    ただ、2人分合わせてもまだ足りないんだ!
    だから、アババには明日まで待ってもらおう。
    今夜のうちに僕がお金をかき集めてくるからね。
    明日のお昼にカードをオープンするようアババに話をするよ。』



と言って、3人で再度例の部屋へ入った。

今ある分だけのお金をアババに見せて、金庫へしまった。
金庫の中にはアババの32,000ドルとアールの10,000ドルと私の財産。
鍵をして、なぜかそれをアババが持つことになり、そのまま去って行った…



その後、グレイスに宿まで送ってもらい

『明日の9時に迎えに来るわね。
 迎えに来るけど、一度ケイタイに電話してちょうだい。
 お願いだから、どこにも行かないでね。
 あなたがいないと明日のオープンは全く意味のない物になってしまうから。
 しかも、借金したものがすべてアババの元へ行ってしまうのよ!』
と言い残していった…



私は部屋に戻り、ナオくんに今日会ったことを全部話をしたのだが、私もナオくんもこれが詐欺なのかどうかがわからず、明日行けば分かるよね~。
と、かなりノー天気な感じで夕方まで過ごしていたのだが、やはりちょっと不安でガイドブックをひらいて見たら…

『マレーシアは東南アジアの中でもかなり治安のいいところだが、特定の犯罪が横行しているのが実際のところです』

みたいな事が書いてあって、良く読んでみたら今日私があった事とほとんど同じ事が書かれてあった…
ブルネイのお金持ちが登場するところもそっくり!
違うのは、ガイドブックによると勝ち続け、借金を繰り返した後ラストゲームで負けて、金を巻き上げられる。と言う所だけ。


…私は勝ってたしな~。詐欺なのかどうか良く分からないし…

しかし、ネットで調べていくうちに明日行くのが怖くなって行って、詐欺だと実感するようになっていった。

というか、気づくの遅すぎ。


宿の人(インド系のでかいおばちゃん)に相談すると


『おまえは馬鹿か。
 私も大きな家に住んでいて、プールも付いているし庭も大きいわ。
 一度ご飯を食べに来て頂戴。
 そして、Give me money!
 
 早く警察へ行け。』

と、的確なアドバイスをくれました…涙
スポンサーサイト

クアラルンプールの長い日々(2)

2010/3/16-17


そして、ツーリストポリスへ。
夜で怖かったので例の日本人旅行者にもついてきてもらいました。

ツーリストポリスはクアラルンプールの街中にあり、ツインタワーのすぐそば。

のんきにも写真を撮ったりしながらツーリストポリスへ。



ツーリストポリスで、

『詐欺でお金をとられた』


と言ったら、


『ブラックジャックをしたのか??』


…詐欺って言葉を辞書で調べて行ったのに必要なかったようです。


『最後は勝っていて、明日また行く約束をしたけど、多分詐欺にあったんだと思う…』


と言ったら


『多分じゃなくて、絶対だ!!』


と太鼓判を押されました。


その後、ツーリストポリスではこういう犯罪は扱っていないので、現地の警察へ行けと言われ、パトカーで警察へ。


海外でパトカーに乗ることになるとは…
人生初パトカーがマレーシア…プッ



警察へ着き、事情を話したいのに誰も聞いていない…
担当の婦人警官は優しそうだが英語が堪能ではないらしく…というか、私の英語が聞き取れないらしく、話を聞いてくれない(涙)


キーボードとモニタだけ渡されて

『ココにあった事を書いてください』

黙々と、ワード文書を英語で打ち込んだ…

A4用紙2枚分。

こんなところで英語で文章を書くことになるとは…
辞書を片手に必死で書いたが、多分ネイティブ小学1年生の作文程度のできでしょう。

私が書いている事が、あちら側のモニタでもチェックできるらしく、しばらくしてから読みだした婦人警官が

『あなた、ブラックジャックをしたの!!?』

…遅いよ!!
さっきからそう言ってんじゃん!!!!


で、口頭で説明しようとすると


『とりあえず、これを全部書いてちょうだい』


プチプチプチプチ…多分1時間以上かけてようやく完成。

完成した旨を伝えると、彼女は上司に話をしたりどこかに電話したりして







帰って行った




あぁ、終業時間が終わったのね…涙



『これからは同僚があなたの担当をするわ。good bye』




同僚は私のペッポコ文書を読み、また誰かに電話したり上司と話をしたりして



『明日の11時にここ(違う警察)へ行きなさい。
 あなたが分からなくても、タクシーの運転手は知っているから、タクシーで行きなさい。』



と、午前1時外へ放り出されました…

ていうか、お金なくなったという私にタクシーをすすめるとは…警察ですら日本人金持ってると思われてる?

そして

どこだ、ここ??


タクシーを拾おうにも、何も走ってないんだけど…



もう一度、警察に戻り道を聞き夜の町にビビりながら宿へ帰りました…

(付添いの人には長引きそうだったので途中で帰ってもらいました)




朝起きて、インド人のおばちゃんが

『おはよう、3000ドルガール。』

と言ってくれました…

その日行く予定の場所を聞くと

『タクシーで15RMくらいで行けるわよ。
 まぁ、あなたはお金持ちだから金額なんて気にしないでしょうけど!

…なんて意地悪なおばちゃんなんだ!!
しかも、いつも私の名前を間違える!

タカカ、ティカオ、カカカ…どれも違ってるよ!!
私は一発であなたの名前を覚えたというのに!
クラウドさんよ!!
ゴージャスな名前だなぁ!!


おっと、話がずれた。


11時前に着いて、部屋の前で待っていたのだが、約束の人は来ず、その上司みたいな怖そうな感じのおじさんが迎えに来た…


昨日作ってもらった被害届を渡すと

『住所は覚えているか?
 車のナンバーは覚えているか?
 写真はとらなかったのか?』

と聞いてきます。

『全部ノーです。
 私が知ってるのはケイタイの番号だけ!
 ここに書いてあるでしょ!』

と言うと無言で『おまえは馬鹿か』と聞こえてきました…

しかも、この人の英語がメチャクチャ、聞き取りづらい!
マレーシア人の英語はすっごく訛ってて、分かりにくいのです。

お互いにイライラしながら話をしていると、他の男性警官がやってきて話をしてくれました。
彼の英語はまだマシ。

そこへ、元々アポを取っていた髪の毛をベールで隠した婦人警官が現れて、怖い上司から解放され彼女の部屋へ。
そこでも色々話をしていたのだが、終わりかけたころにさっきの上司がやってきて


『まだいたのか!
 もうお昼だから彼女と一緒にご飯を食べて行け!』

とかなり陽気な感じで言いだした。

なんなんだ???
さっきの怖そうな感じはどこへ行った?
ビックリするじゃん!!



お昼は彼女と警察内にある食堂で頂きました。
しかも、奢っていただいた…





なんか、警察に来てみたものの解決されそうな感じがしないんですけど。
普通に、カード紛失届を出して、カード会社に悪用されました!って言った方がよっぽど良かったのか…?



私のお金、戻ってくるのかしら?



ところで、マレーシアの婦人警官にはベールをしている人がかなりいます。
さらに、ベールにもちゃんと制服があるようで、みんなおそろいのベールなのさ~。

クアラルンプールの長い日々(3)

2010/03/17


警察から帰ってから、バスチケットを買いにバスターミナルへ。

覚えていますか?
私はバスチケットを買いに行く途中で罠に引っ掛かったのです。


前々から行きたいと思っていたタマンヌガラへ行くためにね!!


ちょうど、現実逃避にもなるしいいでしょう…




すると、観光案内所で聞いたバスターミナルに行ったのにそのバスはそこから出ないと言われ、それを聞いていたタクシーの運転手が『往復60RMで行ってあげるよ!』と言ってくる。
明らかにぼられている。
文句を言って、50RMになったがそれでも高い!
と言うのを分かっていながらそのタクシーで行った。

なぜなら、バス停の名前を知らなかったから…




チケットを買って宿に戻ると、ケイタイに着信履歴が!!
緊急時用にと思って持って行っているケイタイで、日本人では親にしか教えていない番号なのに!!


まぁ、警察からの電話です。

かけなおすと

『Hello!マレーシアの警察だ!
 今夜10時に迎えに行くから、待っているように。
 犯人の家に行くぞ!』

とやたら陽気な感じで一方的に時間を指定して切られた。


なんなんだ…
この人は昼、警察で上司の所に顔を出していた若い警官。




夜10時って!!!

それって、怖くない?

もっと早くってもいいじゃん??

この人信用してもいいの???





詐欺にあった時よりも危機感が…



ネットでマレーシアの警官についての評判を調べたりしていた…





10時になり、連絡がないからおかしいと思い電話をしてみたら

『もうちょっとで着くから待っていてくれ!
 お前の宿はどこなんだ??
 住所が分からないのか???』

と再びやたら陽気な感じで話してくるので、宿の人に場所を説明してもらって、待っていた。


約30分遅れて迎えに来てくれ、彼についていくとそこにはパトカーが。


ほっ。

とりあえずパトカーだから安心だ。(何が?)

でも、2人だったらイヤだなぁ…

しかも、家の場所とか全然覚えてないし夜なのに、どうするんだろう?





と思ってドアを開けたらすでに2人乗っていました。


警察3人+私の4人。


あらゆることが杞憂で終わってよかった。




その後、気づけば後ろにもパトカーが停まっており総勢7人の警察と私は行動を共にすることになりました。




何が始まるの!!!?






とある集合住宅の前で車が止った。



えっ!刑務所??

いえいえいえ、ただの団地でした。


エレベーターで上階まで上がり、一つのドアの前で警察が集まっている。



ドア以外の出口がないかなどを確認したのち、



ピンポーン


『だ~れ?こんな時間に??』


と、迷惑そうな女性の声。


『警察だ!!』


緊張感があります。



私はちょっと離れた物影で見ていました。
前の方で見ていたら、下がってろと言われたので。




この時は、かなりドキドキした。



ドアが開き、警察と女性が何か話をしています。


あ~!ドキドキする!!!



そして、私が呼ばれご対面。











































誰だ、これ???





こんな人知らないんだけど…




警察に知らないと話をするが、警察と一緒に彼女の部屋に入ることになった。






彼女の部屋には彼女の娘が2人いた。母子家庭のようだ。


それにしても、インテリアにも凝っていて、オシャレな感じの部屋。

詐欺にあった部屋もだけど、マレーシア人の部屋ってなんかオシャレだな~。



部屋の主の彼女はかなり怒っていて、自分は知らないという事を必死に訴えている。
娘たちも不安そうだ。




部屋に飾ってある写真とか、アルバムの写真とか見せられたけど、知っている顔はない。



警察に再度、知らないと話をすると

『彼女は、犯人の女を知っていると言っている。
 今から、その女のいるところまで案内させる。』

ですって!


彼女はパトカーに乗るのがイヤだったのか、


『案内はするけど、自分の車で行きたい。』

と主張していた。

安心してくれたまえ。

2台のパトカーは4人ずつ乗っていて、更に3人も乗るスペースがないのだよ。

グレイスめ、勝手に友人の住所を遣ってケイタイを契約するなんて悪い奴め…





その後、グレイスがいると言う場所へ向かうもおらず。

その日は解散することになった。



そして、私は翌日の朝発のバスでタマンヌガラへと向かった。







クアラルンプールの長い日々(4)


いや~ぁ
この2日間、信じられない事がてんこ盛りだった。



まず、自分が詐欺にあったという事。

今思えば怪しい事がいっぱいだったし、途中でおかしいと思ったにもかかわらず大金を渡してしまった事。
どうしてだろう??

しかもこの大金、警察に行って聞かれるまでどのくらいなのかもよくわかっていなかった。

10,500RM
10,000円
  400US$
合計、日本円にして約35万円。(約3,800US$)


高いと思いますか?私は思います。


信じらんない。
夢であったと思いたい。

詐欺にあっている間、おかしいと思いながらも何故かぼーっとしてしまって、頭が全然回らなかった。

警察に行ったりして、ようやく現実が飲みこめてきた感じ。

まさか、自分の身にこんな災難が降りかかってくるとは…

タイのチェンマイで、犯罪を目の当たりにしていたのに、どうして自分にもこういう事が起こり得ると考えなかったのだろうか?

よくわからん。



そして、マレーシアの警察。
総勢8人でパトカードライブしている間、車の中ではイケイケな音楽が流れ、警官たちは陽気に会話を…

『明日の夜は暇か~?
 パーティがあるからおいで!』

とか、

『ボーイフレンドはいるのか?
 俺は今、ガールフレンドを探しているんだ!どうだい?』

とか。

いや、私一応被害者なんですけど…
パーティとか行きませんし、突然ガールフレンドにもなれません…
ていうか、詐欺にあったガールフレンドとか嫌でしょう…

なんて陽気な人たちなんだ!!!


パトカーの中はかなり面白かった(笑)



更に、これが一番驚いた事!!
スピチュアル体験。

例の家の中で、ゲームをするための部屋に移動しようと言う時に、


なんと、




ビーチサンダルの鼻緒が切れた。




ブチっと。



今思えば、何かを警告するかのようなタイミング。


もし、本当に霊だとか精霊だとかがいるとして、私達に色々な警告をしてくれているとしても、受信する側の感受性が弱かったらダメだな…


これからは、こういう世に言う『不吉』なサインがあったら、どんなに楽しそうでもやめておく事にしよう。

本当に、ビーチサンダルの鼻緒が切れるってありえない。

いくら、現地人のよりも汚いサンダルだとしても…

タイとかラオスの仏教寺院で旅の安全を願い続けた結果かしら?

すごいわ。








自分がよもや詐欺にあうなんてちょっとも思っていなかったけど、あってしまった。
しかも、運が悪かったとかではなく、自分の判断力の甘さが原因。
これからはもっと気を引き締めて旅行をしなくては。


今、一時帰国をしているきっかけの1つとなってしまった事件でした。

それだけではなく、ちょっと疲れてきていたのもあったし、荷物が半端なく重たくって、でも途中で捨てるに捨てられな物があったりして…

一度リセットするために帰国した次第でございます。




帰国してからお会いした人々に、面白いから詐欺の話をしたかったのですが説明が長くなりすぎるのでやめときました。
これを読んで、驚いた??


みなさんも、気をつけてくださいね。






同情するなら金をくれ!!!



サラバ、マレーシア

2010/03/26-27


暑く長い日を過ごした翌日は、夕方までだらだらと宿で過ごしていました。


宿のオーナーが

『昨日は一日中走り回っていたのだから、今日は昼寝をしなさい』


とか言ってくるので、眠たくないけど20分ほど寝たふりをしてやり過ごしたり…


この初日、この宿に宿泊しているのが私と欧米人カップルの2組だけだったからか、やたら親切にしてくれるこのオーナー。


初日の夕食は私の分まで屋台で買ってきてくれて、従業員のお兄さん(アイルランド人)と3人で食べたり、この日の朝ご飯も

『TAKAKOはマレー風の朝ご飯を食べないと行けない。
 買ってきてやるから食べなさい。』

と、11時頃起きてきた私に朝ご飯を用意してくれたり…

超いい人だな~。面倒くさいけど…



この朝ご飯を食べた日、中国人のグループが入ってきたのだけど、このグループの構成がちょっと不思議!
新婚カップル(たぶんまだ1カ月経ってないくらい)と新婦の友人2人の合計4人組!
不思議だ~。

新婚旅行についてきちゃったのかしらねぇ?


中国人たちと

中国の子たちと。
左の二人が新婚さんです。



マラッカを発つ日、同じ時間のKL行きのバスで中国人4人組も出発すると言う事なので、一緒にバスターミナルまで行くことにしました。


私は、面倒だしバスじゃなくってタクシーで行こうと思っていたのに、しかも人数増えてシェアしたら安くなるし!
って思っていたのに、彼女たちが

『タクシーは高いからバスで行きましょう!』



確かに安いけどさ~。30分のって1.5RMだし。
でも、タクシーだって5人で割れば3RMだよ!!

と思ったけど、英語力の問題で主張できず大人しくバスで行くことにしました…





そして、マラッカの次は東南アジアの優等生。
マーライオンの国です!!

わたしの軌跡

the photos of the trip
写真を載せてます。
最新記事
最新コメント
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
旅でであった人たちへのリンク。みんなに会えてよかったよ~!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

NAME:わたしたかこ

まるい地球をぐるっとまわってきま~す!
2010年1月14日出発。
   4月 1日一時帰国。
   5月22日再出発!

性格:楽しいことが好き!
   
今までの渡航経験:カナダ(13歳)、韓国(24歳)


せっかく、豊かな経済大国日本に生まれたんだから、その恩恵をたっぷり受け取っちゃおう!
大富豪じゃなくっても、世界一周はできるんだ~!

twitter
ルート予定
大雑把なルートです。 陸路は途中で変更する可能性大です。
名古屋⇒香港
香港⇒ムンバイ
インド・ネパール
デリー⇒アンマン
中東・アフリカ・欧州
マドリッド⇒キト
エクアドル・ペルー・ボリビア・チリ
サンチャゴ⇒イースター島
モア~イ
イースター島⇒サンチャゴ
サンチャゴ⇒プンタアレナス
パタゴニア・アルゼンチン・ブラジル
サンパウロ⇒メキシコシティ
マヤ
メキシコシティ⇒ロサンゼルス
ハリウッドでセレブ体験
ロサンゼルス⇒ホノルル
リゾート
ホノルル⇒名古屋


空路 陸路
FC2カウンター
旅の間の本棚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。