スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

same same but different

2010/03/05-06



カンボジアは、マジで暑いよ!!!!


なんなんだ、この暑さは????




アンコールワットの3日有効券も使い切り、もう一ヶ所ロリュオス遺跡群と言うところへ行くかどうか迷ったのですが、今回はやめておくことに。

だって、3日券なら40ドルなのに1日券20ドルもするんだもん・・・

朝、寝坊しちゃったんだもん・・・


行った人に聞いたら、そんなに良くなかったって言ってたし・・・



いつか、また来ることがあったら行ってみよう!!



今日は、のんびりする日!


ということで、宿泊しているゲストハウス(大部屋一泊2ドル)の正面に立つ高級ホテル『SOKHA』のティーラウンジへ行くことに。

ティーラウンジ!!!

なんて素敵な響き!!!!!

なんて美しいエントランス!

ドアを開けてくれる人がいる!!!!!

エアコンが効いている!


なんて素敵なんだ~!!!


そんな高級ホテルなのに、ケーキセット4ドル。

2泊分の値段・・・
ビール瓶2本分の値段・・・



ここでは、無料でWIFIが使えるのでサイコー!


ていうか、このホテルに泊まってる人は部屋で使えるんだろうけど。



貧乏なのに、高級ホテルで過ごすひととき。
リッチな感じだ~!


ケーキは正直微妙な味だったけどね・・・


しかも、ホテルを出るとそこには




リムジン





リムジン!!!
この大きさ、伝わりますか???

乗ってみた~い!
私をリムジンに乗せておくれ。



リッチなひとときを過ごした後には、一之瀬泰造の写真を見に行くことにしました。

一之瀬泰造さんをご存知ですか???

私はまったく知らなかったのですが、映画『地雷を踏んだらさようなら』のモデルになった人です。

内戦最中のカンボジアで、アンコールワットの写真を撮るために何度も挑戦して、アンコールワットの写真を撮る前にクメール・ルージュによって処刑されてしまったそうです。

当時、アンコールワットはクメール・ルージュの支配下にあった。


一之瀬泰三



生前、彼が親しくしていたレストランの一角がその写真館になっています。

当時のレストランとは建物が変わっていますが、場所は同じだそうです。


子供たちの写真を中心に20枚程度展示されていました。


帰ったら、『地雷を踏んだらサヨウナラ』を観たいな。




夕方から、近くの孤児院へ。
その孤児院は個人で経営されているそうで、毎日夕方6時半から1時間程度子供たちによる伝統舞踊の公演が行われているそうで、それを見に行くことにしました。

もちろん、昼間から行って一緒に遊んだりすることも出来るそうです。


正直、あまり孤児院には興味がなかったのですが、子供好きのケイコちゃんと、伝統舞踊がみたい私の意見が一致したので行ってまいりました。



孤児院1

真ん中の子は14歳だそうです。
兄弟が全部で8人!彼女ともう一人の兄弟が一緒の孤児院に入っているそうです。


孤児院2

写真で見ると、ちょっと間抜けだけど本当はもっと優雅な舞でした。
子供たちは、毎晩この舞台と客席で寝ているそうです。屋根はあるけど、ほぼ屋外。
現在、建物を建設中だが、資金不足で中断中。



この公演の収入(募金)が翌日の食事代となるそうです。
この日はたくさんの欧米人が観に来ていたので、明日は美味しい物が食べられるのかな??





その後、孤児院に一緒に行った男の子がカンボジア人と食事に行くと言うので、図々しくも同席させていただきました!

カンボジア人ソピアさんは、2年ほど京都の会社で働いていたそうで、日本語がペラペラです!
しかも、ちょっと関西弁(笑)

当時の時給は820円だったのに、今は0.5ドルだそうです!!!

本当に???
冗談だったのか本当だったのかどっちなんだろう・・・?
というか、日本で働いた後でカンボジアで働くと働く気が無くなっちゃいそうな時給なんですけど・・・

彼女は『日本にまた行きたい~』と言っていました。



ソピアさんとけいすけくんと


カンボジア人が日本に行くには、日本人の保証人が必要で、行くのが難しいんだそう。


この日はのんびりする日で、実際のんびりしていたのですが、濃度の濃い1日でした。
昼間は高級ホテル。夜は孤児院。
う~ん。



そして、6日は朝出発のバスでタイへ戻りました。



カンボジア側国境

カンボジア側国境


タイ側国境

タイ側国境


虫さされ

カンボジアのお土産。
超ド級の虫刺され。気持ち悪いでしょ!!
みんな、ベッドの虫って言うけど、絶対違う!!
普通の蚊に刺されたんだと思う。
こんな虫刺され跡が腕にも足にもお腹にも。
マラリアの潜伏期間は12~15日。まだかかってるかどうか分からない。


アンコールワット入場券

アンコールワットの入場券。
写真入り。





そして、着いたバンコクは都会だった・・・
スポンサーサイト

地雷博物館

2010/3/3-3/4


アンコール遺跡には、有名なアンコールワット以外にも沢山の遺跡があります。

とてもじゃないけど、1日じゃ回りきれない!!


ということで、7日間のうち好きな3日間だけ入場できるという券を購入しています。


でも、はっきり言って3日券でも全然まわりきれない!!



2日間観光した後は、ちょっと休憩。


3/3はのんびりダラダラとすごし、夕方から『地雷博物館』と言うところへ行くことにしました。


この、地雷博物館は元少年兵だった『アキ・ラー』さんと言う方が撤去した地雷や、戦争の資料が展示されています。

アキ・ラーさんは、戦争が終わってから地雷撤去の団体に所属し、その団体が解散した後もずっと地雷撤去をし続けているそうです。

地雷を埋めていた少年兵が、今は地雷撤去の仕事をしている。




IMGP2230.jpg

地雷が埋まっている様子。
すべて、火薬と起爆装置を取り除いたものです。


IMGP2231.jpg

アキー・ラーさんが取り除いた地雷の一部。


IMGP2234.jpg

博物館前には爆弾が並べられていました。


日本では、戦争は昔の事で、あまり意識することはないけれど、カンボジアではまだまだ戦争という物がすぐそこにある。と感じた。


3月2日のミニバンで遺跡巡りをした時のバンの運転手のおっちゃん(38)は若いころ(21)、軍隊で何か(なんだったか良く分からない・・・)の輸送用の大きなトラックを運転していたそうです。

ベンメリアで遺跡の案内をしてくれたおじさんは、ベトナムが嫌いだと言っていた。
カンボジアに攻めてきたから。


今まで、中国、ベトナム、ラオス、タイ、カンボジアと5ヶ国まわってきたけれど、カンボジアは断トツで遅れていると感じた。
他の4ヶ国にいる時は、

『これを発展途上国と言うのかな??
 じゅうぶん発展してるじゃん。』

と思っていた。

ラオスですら、遅れているけれどただ田舎っていう感じで、途上国というイメージはなかった。

しかし、カンボジアには発展途上国という言葉がしっくりくる。
今滞在しているシュムリアップはアンコール遺跡の玄関口として、発展している町ですが、栄えているのはほんの一部分。
外国人観光客が来るところだけ。
ちょっと外れると、電気が通っているのかどうかすら分からない所ばっかりだ。



IMGP2295.jpg

3月4日。アンコールワットリベンジ。
物売りの人から買ったシルクのスカーフ2ドル。
地雷博物館に行ってから、気持ちがちょっとだけ変わった??
タイで同じものを買うのなら、カンボジアで買おう。
マーケットで買うなら、物売りから買おう。と思った。

DSC_0834.jpg

トゥクトゥクに乗るマダム。






※私信
サハラ~!
メールありがとう。
前にもメール貰ってたし!
返信したんだけど、返って来ちゃうんだよ~!
メール届いてるからね!!!
サンキュー!

アンコール遺跡アンコール

2010/3/2



本日は、ちょと遠めの遺跡巡りです。


宿の共同スペースに、車のシェアしましょう!的な張り紙を出しておいたおかげで、バンの積載人数限界の10人が集まりました!!

人数が多いほど安く行けるので、ラッキー☆



まずは、女の砦という意味の『バンテレンスレイ』へ。
ここのデヴァターという女神の彫刻が美しく『東洋のモナリザ』と言われているそうです。
デヴァター以外の彫刻も美しく、全体的に彫刻が深いような気がしました。

女子力(女子って年齢じゃないけど)アップするため、しっかり見ておきました。
なんたって、女の砦。



バンテレンスレイ3

入口の上にあるレリーフ。
かなり、はっきりと残っています。


バンテアイスレイ2

デヴァター像。
東洋のモナリザ。


バンテアイスレイ1

この立体的なレリーフ!!
3~5センチくらいあります。


この後は、ちょっと山登りをして、クバルスピンという遺跡へ行きました。



川沿いにこのような彫刻が彫られています。

クバスルピアン2


クバルスピアン1






そして、ベンメリア遺跡!

崩壊し、修復がまだほとんどされていない遺跡で、がれきの中を歩きまくりました!

ベンメリアの係員のおじさんが私たちを案内してくれて、自分たちだけでは絶対に行くことができないような内部まで入り込み、登って降りて、縦横無尽!



ベンメリア遺跡1

瓦礫の中を歩きます。
どんどんどんどん。



おじさんのおかげで、すごく楽しかった!

同じバンに乗った他の子たちも地元の子供に案内してもらったり、それぞれ楽しく過ごしていたようです。



ベンメリア遺跡2

瓦礫の中でケイコちゃんと。



帰りに、トレンサップ湖に沈む夕日を山の上から見るために、またもや山登り・・・


あいにく、雲があったために夕日が湖に沈むところは見ることが出来なかったのですが、これもよかった~。



暑い暑い一日が終わり、夜はバンの仲間たちとまたもやパブっぽいレストランで食事をしました。

カンボジアで有名らしい、チュナンダイという鍋を食べました。

知っていますか??


私は知りませんでした。
でも、美味しかったよ~!

晩餐会



なかなか充実した日々を過ごしています!


でも、暑さのせいか、日焼け止めのせいか、汗のせいか、日光のせいか、水のせいか、顔がザラザラになっています・・・涙
なんで??
汗がしみてヒリヒリするし!肌が!!!

なんで!!!?





年をとりました

2010/02/27-2010/03/01



高級ホテルを抜けだし、庶民派ゲストハウスへ移動。


ここは、シュムリアップの日本人宿『タケオゲストハウス』


ドミトリーで2ドル!!!


今まで泊まった宿で一番安い!


しかし、色々微妙だけど・・・







シュムリアップドミ

こんな部屋。写真で見るときれいそうだな・・・
トイレ兼シャワー室のドアノブが壊れていたり、トイレの水タンクが壊れていたり・・・色々終わってるけど。





ここで出会った日本人女子!!のケイコちゃんとマイコちゃんと一緒にマーケットめぐりをしやした。




シュムリアップ市場2

こんな派手な服、着ている人いないんだけど!!?
この服の生地をおばちゃんたちがせっせと刺繍していました。


シュムリアップ市場1

フルーツ売り場。
ハエが飛んでいる。




肉やオモチャ、家具、下着、なんでも売っています!


一日で3つか4つも市場を巡ったのに、買ったのはパンツ1枚・・・



このような感じで、カンボジア2日目はダラダラと過ぎてゆきました。

それにしても、暑い。

暑い。

暑い。





暑い。







一夜明け、3月1日


この日が何の日か知っていますか????





そうです。

芥川龍之介の誕生日です!!!



そして、私の誕生日でもあります!!!!




ケイコちゃんと一緒にツクツク(トゥクトゥクが正しい呼び方だそうです)をチャーターして





アンコールワットへ~~!


アンコールワットの夜明けを見るために、朝5時に出発!



アンコールワットの月

西の空には満月が。


アンコールワットの夜明け

東の空には朝日が!





なんて素敵な誕生日の始まりなんだろう!

今までの誕生日とは全くちがう、一日が始まります。







誕生日


23歳になりました☆




夜が明け、まずはアンコールワットを観光。


きれいな彫刻がたくさんあったし、なんか色々あって素晴らしかったのですが、早朝過ぎてあまりしっかり見ることができなかった・・・

もう一回行こう。



続きまして、アンコールトム。
バプーオン、王宮、ライ王のテラス、象のテラス、ピミアナカス、スラスラン、バンテアイクデイ、タケウ、タプロム、トマノン、チャウサイデヴォタへ行きました~。



カタカナばっかりでわけわかんね~!


でも、どの遺跡も素晴らしかったです☆



アンコールトム

アンコールトム


尼さん

途中で会った尼僧。
お祈りの仕方を教えてくれました。
線香を手に挟んで、3回お辞儀をします。

レリーフ1

美しいレリーフ。


修復作業員

修復中のタプロムで。
休憩中の作業員。



夜は、ケイコちゃんと今日チェックインしたナツコちゃんの3人で(マイコちゃんは今日去って行きました)カンボジア料理を食べよう!


と言って出かけたのに、見つけられず怪しげなパブ風レストランで食事を!



現地の人しかいないようなレストランで、現地の人と一緒に飲んだりしてすっごく楽しかった!



アンコールビール3リットル

アンコールビール。3リットル入りサーバー。
気づけば、これを2本と小さいピッチャーを1本飲みほしていました・・・




このお店、本日開店だとかで、ちょっと運命的じゃない??

みんなに祝ってもらって、最高の誕生日でした~!
こんな誕生日、経験できないよ!

海外で、朝日を見て、世界遺産に囲まれて、たくさん祝ってもらって!


楽しかった~!



宴

酔っ払いども。

ありがとう!!

わたしの軌跡

the photos of the trip
写真を載せてます。
最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
旅でであった人たちへのリンク。みんなに会えてよかったよ~!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

NAME:わたしたかこ

まるい地球をぐるっとまわってきま~す!
2010年1月14日出発。
   4月 1日一時帰国。
   5月22日再出発!

性格:楽しいことが好き!
   
今までの渡航経験:カナダ(13歳)、韓国(24歳)


せっかく、豊かな経済大国日本に生まれたんだから、その恩恵をたっぷり受け取っちゃおう!
大富豪じゃなくっても、世界一周はできるんだ~!

twitter
ルート予定
大雑把なルートです。 陸路は途中で変更する可能性大です。
名古屋⇒香港
香港⇒ムンバイ
インド・ネパール
デリー⇒アンマン
中東・アフリカ・欧州
マドリッド⇒キト
エクアドル・ペルー・ボリビア・チリ
サンチャゴ⇒イースター島
モア~イ
イースター島⇒サンチャゴ
サンチャゴ⇒プンタアレナス
パタゴニア・アルゼンチン・ブラジル
サンパウロ⇒メキシコシティ
マヤ
メキシコシティ⇒ロサンゼルス
ハリウッドでセレブ体験
ロサンゼルス⇒ホノルル
リゾート
ホノルル⇒名古屋


空路 陸路
FC2カウンター
旅の間の本棚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。