スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンコクで何にもしなかったな~。

2010/3/11-15



なんだか、ずいぶん長くブログを書いていなかったような気がします。


一時は毎日の様に書いていたのに!




そんな最近は何をしていたかと言うと、ほとんど何もしていませんでした・・・




王宮や、有名な寺院の見学にも行ったのですが、途中で疲れてしまい、やめてしまいました。


こんなのはこの旅行が始まって初めてなのでちょっと驚いたけど、タイの寺院は十分見たし、無理して観光することないか。
と思って、バンコクでは本当に何にもしなかったな~。


やる気を吸い取る土地、バンコク・カオサン通り。



タイの大仏

タイの大仏。
この写真で見ると、痩せたっぽい??
この大仏、横から見るとあり得ないくらい薄っぺらです。





そんな中で、カオサン通りにたくさん並んでいるちょっと気になる店で自分をデコレートしてみました。



ヘナ

ヘナ。
せっかくなんで、一番目立つ右手に。
出来はイマイチ・・・
どうせ消えるんだし、まぁいっか。

メイクヘア

髪の毛もデコってみました。
どんな出来栄えになっているかは、違う時にお見せしますね!!
おばちゃんに『アバターみたい!』って言われた(笑)



そして、私がバンコクにいる間にタクシン派によるデモがありました
もしかしたら、心配してくださった方もいるかもしれませんが、ご安心を!
無事です☆


タクシン派は赤い服や小物を身につけています。
この日は、タクシン派の赤、反タクシン派の黄色は身につけないようにと言われていました。



デモ




デモって、怖いのかと思っていたのですが、私が(ワザワザ)見に行った時はまだ午前中だったし、まるでお祭りでした。
道路を封鎖して、赤い人たちが徒歩やバイクや自動車で進んでいきます。




赤い水

水まで赤い!
薄めたいちごシロップの様な味でした。



デモ警察

警察の人たち。



無料で水や食事を配っていたので、遠慮せずいただきました!!
おっちゃんやおばちゃんが
『食べてきなさい!水も持って行っていいよ!!』
ってかんじで、本当にお祭り騒ぎ!!!


でも、夜になったら暴動とか起きるんだろうね。
たくさんの人たちが全国各地からバンコクへ集まってきているんだから。




そんなこんなで、バンコクでは何もしないまま、30時間以上かけてバスでマレーシアのクワラルンプールへ来ました。



マレーシアへ



事務処理は降りてするけど、国境を車に乗って超えるのは初めてだったので、何だか変な感じ。
タイとマレーシアの国境はかなりオープンな感じでした。
高速のインターみたいな感じかな?



スポンサーサイト

虫とか爬虫類とか女とか

2010/03/10




虫と外人に安眠を妨げられ、朝7時ごろ目覚め、ベットの上をチェック!!!!




あれ??


いないぞ???



あの気持ち悪い虫が!?






よかった~!


いなくなったよ!





しかも、痒くないし。

どこを刺して行ったのかしらねぇ?






まぁいいや、観光に行こう。


バンコクの寺を制覇するぞ☆




と思って歩いていたら、


『今日の午前中は寺は坊さん専用だから、1時から行け!』


とタイ人に言われ、本当かどうか分からないけど出鼻を挫かれやる気をなくし、朝ご飯を食べたばかりだと言うのにカフェへ・・・


ネットで調べ結果、あの虫は南京虫ということが判明!!!!!


忘れるはずもない、あの憎き姿そっくりの写真がネットで公開されていた。








終わった・・・




南京虫の痒みと腫れは時間をおいてから来るそうです。

どうりで、今何ともないはずだ・・・











忘れよう。


すべて忘れて観光に行こう・・・






























おはよう☆

今日はなんだか曇りで涼しいな!!



こんな日に観光しないなんてありえないよね☆アハッ!


あれ???

なんだか知らない間にお昼になってる!!?



朝早くから起きてたはずなのになぁ??





ウフ☆昨日のビールが強かったのかしら????







今日は、バンコクの都会を満喫する日にしましょ!!







まずは、都心部にある




スネークファームに行こうかな!




世界で2番目の規模を誇るヘビ研究所なんですって!!



ヘビってあんまり興味ないけど、せっかくだもの!








ラリアート

街中を走る車。
こんな車も走っています。タイの路上を走る車はほとんど日本車。
タイで作っている日本車。







チケットを買って入場~!


と思ったら、なんと100バーツ!

私のガイドブックでは50バーツなのに・・・チケット売り場に2008年から値上げしたって書いてある・・・
ガイドブックは2007年発行。
あぁ・・・



せっかく来たので100バーツ支払って入場することに。
なんで、ヘビなんか見るために100バーツも払ってんだよ・・・食事3回分だよ!!



心の中で文句を言いながら入ると、そこはヘビだらけ!
(もちろん、ケージや水槽に入っています)
けっこうちゃんとした施設で、とても見やすいように展示されています。
歯のあるヘビ、無いヘビ、木の上で活動するヘビ、地面で活動するヘビ、卵で生まれるのか、孵化してから生まれるのか・・・分かりやすいようにイラストで説明されています。



ヘビ5

何とかコブラ(アルビノ)
英語で説明が書いてあったけど、私には読めない(発音できない)名前だった。
白いヘビって、神の使いとかいう地域もあるんだっけ?
神の使いと思って捕まえたら、毒にやられて死ぬことになるだろう。天誅??


ヘビ4

ヘビと一緒にケースに入れられている餌のネズミ。
食事風景を見たくて30分以上このケースの前で待っていたが、食事は始まらなかった。
その間、ヘビは微動だにせず、ネズミはチョロチョロ動きまくるがヘビには近づかず。
食事風景見たかったな~!!


ヘビ3

キングコブラ。
デカイ!!そして、素手でつかんでるこの人たちはすごい。
さっきまで地面で威嚇しまくっていたというのに・・・
一回噛まれたらお陀仏だそうです。
南無阿弥陀仏。


ヘビ1

なんとかコブラ対人間。
英語の説明について行けず、ヘビの種類が分からない。ヘビが興奮しすぎて、なかなか捕獲できなかった。
しかし、この人すげぇなぁ・・・
小さいとは言え、こいつもコブラなのに・・・
この後、無事噛まれることなく捕獲していました。


ヘビ2

これのために100バーツ払ったようなもんです!
思ったよりもずっしりしていて、詰まってる!って感じだった。
そして、滑らかなお肌。
ヘビの種類は不明。
こいつは噛まないそうです。


なんだかんだで、狭いヘビファームに3時間近く滞在してしまった・・・
それなのに、食事風景が見られなかったのが残念!



そして、夜のお楽しみ☆までの時間をつぶすために、タイの都会をさまよう。

バンコクはマジで都会で、伊勢丹とか東急なんかもあって、まるで日本。
日本よりも何もかも新しい分、もっと都会に感じる。

イベント


ショッピングセンター内の吹き抜けで何かのイベント。
誰かが歌っていたような・・・?




夕食はタイスキをセレクト。
タイスキとは、タイのすき焼きではなく。鍋みたいなもの。
1人で鍋・・・

マイペンライ!


カオサンでは日本人宿で泊まりたくなかったため(偏見による判断)、外人ばかりの宿に泊まった結果、一緒にタイスキを食べるような友人が出来そうになかったので1人で食べに行きました。

スコータイで会った女の子が1人で食べに行ったってのを聞いて面白かったのもあるけど(笑)





タイスキ

これがタイスキだ!
これだけでは当然足りず、麺も追加注文。
227バーツ!



この日、日本語ガイドブック(約1000バーツ)を買ったり、かゆみ止めの薬(後の鼻の薬と判明)を買ったりして所持金がかなり少なくなっていました。
しかもカードも宿において来ていた。

なんと、このとき持っていたお金はお札で220バーツと小銭で50バーツくらい。


ということに食事中に気付きヒヤヒヤしていたのだが、私の財布の中身を知っているかのような金額!!!

よかった~!



助かった~!







そして、夜のお楽しみ!!

こちらは昨晩ツアー会社に支払っていたので安心。

買えるためのバス代だけあればいいんだから~!




そう、それは




ニューハーフショー!!!!!!


タイと言えばオカマちゃん!


観るっきゃないっしょ!!!!




これがニューハーフショーだ!!!!!




カリプソキャバレー1





1時間ほどのショーはメチャクチャ面白くって、あっという間に時間が過ぎて行きました!!


ちょっとエグイのもあったけど、基本的にはオカマちゃんたちはみんな美しく、とても元男とは思えない完成度!

体も、女です!!!
ただ背中から見ると、ちょっと男っぽいけど・・・
華奢なのに、ムキムキって感じ(笑)
はるな愛がよく『背中が男なんですよ~』とか言っていたのを思い出した。
その通りだぜ!!!


それにしても美しい!
本当にきれいだった。
彼女たちと比べて自分の汚い事・・・
自慢できることと言ったら、生まれつきの性別くらい・・・

女として何から何まで負けていると感じた夜でした(涙)






そして、南京虫の襲撃。

体中に赤い斑点が!!!!!

薬をぬろうと思って鏡を見たら、なんとお尻の割れ目にまで斑点が1つ!!!!!!

なんて容赦のない奴らだ・・・


足を見たら、自分の足の気持ち悪さに鳥肌が立ったとさ・・・


衝撃の出会い

2010/3/9



三度やってまいりました、バンコクです。


前回宿泊したのと同じゲストハウスへチェックイン。

前と部屋が違うけどまぁ、いいや。

ちょっと狭い気がするけど・・・


3時ごろ、カオサンに着いてからカオサンをブラブラ。

なんか、人おおいな~!

そして、店もおおいな~!!



名古屋で言ったら大須商店街から古さを除いて、パワーアップさせたような感じです。





カオサンでは、タトゥーや編みこみヘアー(正式名称不明)がはやっているようで、そこかしろでそんなで店があります。

タトゥーはイヤだけど、編みこみヘアーはやってみたいな~!




時間も中途半端だし、せっかくだからタイマッサージを受けることにしました。


しかも、ちょっと奮発2時間330バーツ!(約1000円)



マッサージ師が男性と言うのがちょっと気になったけど、気持ち良かった~!
多分。

健康なのか、イマイチマッサージの良さがわからん。
マッサージよりもエステの方が気持ちいいな~。

しかし、このマッサージの最後に想像通りのアクロバティックなマッサージが含まれており、他の人は静かなのに、私だけ

『ううううううう゛~』

とか

『ギャー!!』

とか声を出していました・・・


なんで、他の人は無言で受けられるんだ??





何か分からないけど美味しい

マッサージの後に食べた夕食。
名前は分からないけど美味しかった!
そして、ビールがビックリするくらい良くまわる!!
一本で結構酔っ払ったよ~!



夜のカオサンロード

夜のカオサン。
明るい明るいうるさい。








そして、宿に戻った私を待っていたのは身の毛もよだつ恐怖体験・・・・・













南京虫!!!!




寝るときに、壁を小さな虫が這っていたんだけど、特に気にせずに寝ていたら、夜中2時ごろ外人がうるさくって目覚めた。

なんだか、太ももに虫の気配・・・






さっき壁を這っていた虫ではないか!!!!


こいつ!



プチッ


と、虫よけスプレーの底でつぶしたらシーツに広がる血!!!


直径1センチほどに広がった血を見てゾッとして、ベットの上を良く見てみると、まだいる!!!



体調3~6ミリほどの赤褐色の小さな虫。





ゲー!!!


これって、ダニ??南京虫???






なに??????





必死でつぶしまくり、シーツに血痕を増やし、とりあえず見えるものはなくなったのでもう一度寝た。







午前5時、またもや外人がうるさくって目覚めると目の前を虫が横切って行く・・・
(横向きで寝ています)




ギャー!!!!!



またいる!!!!!!!





ベットにいる虫すべてをつぶし、更にかけていた布を振ると、虫が落ちてきた!!!!!






ベットの上で跳び、服をバサバサっと払うとまた出てきた!!!!!!





信じらんない!!!!!





何これ~!!!!!




全部つぶし、浅い眠りについた・・・・・








写真は撮っていません。

だって、それどころじゃなかったんだもの!!!!

カンチャナブリを知っていますか?

2010/3/7-3/9


バンコク、カオサンロードで一夜過ごした感想


・・・確かにうるさい。



カオサンはすごくうるさいとは聞いていたけれど、確かにうるさい。

でも、余裕で眠れる。



だって、眠り姫なんだもの☆





そんな喧騒のバンコクをたった一泊で抜け出し、ちょっぴり西の町


カンチャナブリ




へ。

バンコクからミニバスで3時間ほど。



一気に田舎へ逆戻り。




タイって、都会なのはバンコクだけなのかしら??
バンコクはほとんど東京!

マジで都会だよ。


タイ第二の都市チェンマイは町だけど、都会ではなかったな~。




カンチャナブリは田舎。
地図で見ても、栄えているのはほんの一部。



さて、問題です。

このカンチャナブリには、日本に大変関係の深い物があります。
それは一体何でしょうか?



ヒント1
映画にもなっています。


ヒント2
第二次世界大戦の時、旧日本軍がビルマへの物資輸送する時の輸送経路の途中にこの町はありました。


ヒント3
電車。







分かった人はいますか~?

ちなみに、私は全然知りませんでした。



答えは

『泰緬鉄道』です。


映画『戦場にかける橋』の舞台となった橋がココにあります。

連合軍の戦争捕虜や東南アジア諸国から強制的に徴兵された人たちを使って、計算上5年はかかるとされた橋を15ヶ月で完成させた橋です。
当時の橋は破壊されていて、現在は鉄橋がかけられています。


そして、ここには戦争関係の博物館が3つもあります。


ハノイのホアロー収容所で黒人にビビらされて以来、こういう所は苦手で本当は行きたくないんだけど、旧日本軍のしていたことが、外国ではどのように伝えられているかを知っていた方がいいかと思ってそのうち二つへ行ってみました。


一つ目は『JEATH戦争博物館』

日本軍による捕虜への拷問や、劣悪な環境の中で病魔に蝕まれる捕虜の様子を描いたスケッチや写真が展示されていました。
主に、連合軍の戦争捕虜に対する残虐非道ぶりを前面にアピールした内容です。

竹でできた建物で、当時の捕虜収容所を再現した造りになっています。


二つ目は『泰緬鉄道博物館』

こちらは、東南アジアから強制的に徴兵されてきた人たちに対する、日本軍の残虐非道ぶりを前面にアピールした内容です。

泰緬鉄道博物館




両方とも、当時同盟国だったタイが作った博物館だからか、ガイドブックに書かれているほど残虐非道に表現されてはいませんでした。
工事に強制的に参加させられた人の出身国のリストにもタイは載ってなかったし・・・


泰緬鉄道博物館の隣には、連合軍共同墓地があり、そちらも行ってみて驚きました!


連合軍共同墓地


これがお墓???
すっごくきれいな公園みたいなんだけど!!
この町のどこよりも整備されてるんじゃない??




当時、東南アジア諸国から強制徴兵された人の遺体は今も森の中にあるそうです。








宿の猫

宿の猫。



パッタイ

パッタイ。
タイの焼そば。美味しかった~!
カンチャナブリにいる間、何故か食事はハズレばっかりだったのだけど、これだけは美味しかった!





そして、もうひとつカンチャナブリでは有名な物があります。


その名も

タイガーテンプル!


虎寺!!!



トラ年ですからね!



ここではなんと、本物の生きているトラちゃんに触ることができるのです!!!



キャー!!!



入場料500バーツ(約1500円)もするけど、行くっきゃないっしょ!?


トラちゃんたちと触れ合えるのは午後1時から4時までのたった3時間だけ。

お腹がすいてる時にうっかり触って食べられたら大変だものね!



ここのトラちゃんは、本当に人によくなれていてオヤツもこんな風に手渡しでやっています!






トラ4

一応テンプルなので、お坊さんがいます。
寺院らしき建物は見えなかったけど・・・広いから違う場所にあるのでしょう。




そして、遂に接触!!


タッチ、タッチ、トラにターッチ~♪(タッチのメロディにのせて)



ババーン!










トラ1




生後8ヶ月でこの大きさ!!
かわいいでしょ~!
毛は、スベスベしていて気持ち良かったよ~!
虎皮って感じね!



トラは人には無関心らしく、私としてはその辺の野良犬の方がよっぽど怖かった・・・


人の触る様子を見ていると、あからさまにビビっている人に男性が多いのが興味深い。

子供なんかは結構平気そうに触っていた。




トラ2

トラの入浴(?)カメラ目線!
暑いからか、水に入っているトラが何頭もいました。
(外に出ていないトラは動物園のように安全な場所にいます)

水牛

水牛の入浴
水牛だけに、水が好きなようです。
一瞬、追いかけられそうになり走って逃げていたら外人に笑われた・・・


トラ3

こちらのトラはかなり大きかった!
1歳って言ってたけど、1歳何ヶ月かは不明。
しつこく触りすぎて、強制退去させられる私。

クジャク

クジャクども。
鳥は嫌いだ。




トラに触る機会なんて今後あるかどうかわからなかったので、しつこく3頭のトラに触りまくっていました。
本当に、かわいかった~!

係員の人にはかなり慣れていて、尻尾を掴まれたり抱きつかれたりしても、全然抵抗していませんでした。
ペットボトルを口に突っ込まれても平気だったし・・・


1回、オシャブリをしている子供が触った時だけいきなり不機嫌になって唸っていましたが、それ以外はずっとお利口さんなトラちゃんたちでした~!
私だってそんな子供に触られたらイヤだから、しょうがないよね~。













そして、気づいた方はいらっしゃいますでしょうか??
目玉のひとつ、泰緬鉄道の鉄橋へは行っていません・・・

映画観てないし。


いつか、映画を見て悔しがるとしよう。


おススメと言われていた国立公園にも行かず、トラとの触れ合いメインのカンチャナブリには2泊だけして、三度バンコクへ。




いざカンボジアへ!

2010/02/27


本日は朝5時に起きて、5時半にアユタヤを出発するミニバスに乗り込みました。

ホテルの部屋をシェアしていた女性も今日の朝バンコクで用事があるとのことなので、一緒に出発!!



アユタヤ⇒バンコク⇒国境⇒シュムリアップ 17時半着。


12時間の予定です。


こういう、シュムリアップまで行くツアー(?)があるので利用することにしました。

もっと安い旅行会社があったのに、なぜか流れで宿の正面にあった旅行会社で手配しました。



こんなにバスを乗り換えるのに12時間・・・


中国なんて、何にも乗り換えないのにこんくらいかかってた気がする・・・





ところが





このミニバス、出発して15分くらいでいきなりストップ!!


ドライバーがバッテリーを何やらいじっております・・



気を取り直して、出発!!!


ストップ


出発


ストップ



出発



ストップ



ストップ・・・





7時前に、とうとう止まってしまいました・・・



7時半バンコク出発のバスに乗らないと行けないのに!!!





立ち往生1

まだ遺跡が見えるこんな場所で立ち往生・・・



・・・誰かの不幸が移ったのかしら???


立ち往生2

立ち往生する日本人たち。
一緒に観光した女性です。許可は得ていませんが、きっと許してくれることでしょう。



気を取り直して、同じ旅行会社が出している次の便のミニバスに乗り込み、出発。



バンコクでも、予定していたバスの次の便に乗車。

このバス、乗客の半分くらいが日本人でした。
大学生の春休みのシーズンだからか、若い日本人グループがたくさん。
いいわねぇ・・・


この国境までのバスが、エアコン付きなのに暑かった!
なんでかしらねぇ?



なにはともあれ、無事国境を越えることができて安心!

なんだか、国境を超えることにも前ほど感動もなく・・・
まだ4回目なのに。



国境を越えたら、違うバスに乗り込みシュムリアップへ!


カンボジア車窓より

車窓から。
多分、地平線を初めて見た。
バスの右にも左にもこんな景色が広がります。
ここにも、地雷が埋まっているのでしょうか?



当初の予定だと、17時半ごろには到着するつもりだったので着いてからゲストハウスを探すつもりだったのですが、19時を過ぎそうな感じだったので旅行会社が勧めてくる宿を予約してもらいました。


途中のやたら長い休憩がなければもっと早く到着することが出来たんだけどね・・・
旅行会社の思うつぼ。


そして、300バーツ!!!高い!!!



1泊してから次の日安い宿に移動すればいいし。
まぁいっか。




これが、正解!



チェックインしてからご飯を食べに出かけようとしたら、道が暗く怖い。
そして、30メートルくらい先で犬が土ぼこりを上げながら喧嘩してる・・・






出かけるのはやめて、宿のレストランで食事を取ることにしました・・・




ところで、この300バーツの部屋、何故かツイン。
中国以外では、ツインやダブルに泊まる事が多いなぁ・・・
シングルと同じ値段で広い部屋に泊まれるのは嬉しいけど、それならシングルを安くしてほしいわ。

わたしの軌跡

the photos of the trip
写真を載せてます。
最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
旅でであった人たちへのリンク。みんなに会えてよかったよ~!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

NAME:わたしたかこ

まるい地球をぐるっとまわってきま~す!
2010年1月14日出発。
   4月 1日一時帰国。
   5月22日再出発!

性格:楽しいことが好き!
   
今までの渡航経験:カナダ(13歳)、韓国(24歳)


せっかく、豊かな経済大国日本に生まれたんだから、その恩恵をたっぷり受け取っちゃおう!
大富豪じゃなくっても、世界一周はできるんだ~!

twitter
ルート予定
大雑把なルートです。 陸路は途中で変更する可能性大です。
名古屋⇒香港
香港⇒ムンバイ
インド・ネパール
デリー⇒アンマン
中東・アフリカ・欧州
マドリッド⇒キト
エクアドル・ペルー・ボリビア・チリ
サンチャゴ⇒イースター島
モア~イ
イースター島⇒サンチャゴ
サンチャゴ⇒プンタアレナス
パタゴニア・アルゼンチン・ブラジル
サンパウロ⇒メキシコシティ
マヤ
メキシコシティ⇒ロサンゼルス
ハリウッドでセレブ体験
ロサンゼルス⇒ホノルル
リゾート
ホノルル⇒名古屋


空路 陸路
FC2カウンター
旅の間の本棚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。