スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どば~っと、ハバナ

2011/04/13-2011/04/17



さて、再びやってまいった首都ハバナ。






IMGP9389.jpg

ハバナの旧市街はコロニアルなスペイン様式。



特に何をするわけでもなく、町の中心部をウロウロしていました。


だいたい、首都って今まで行ったどこの国でも特にすることはないんだよね。

なのに、何故か長居してしまう。


そういう町です。


IMGP9393.jpg

町の中心部オビスポ通りにあるサンドイッチ屋。
見ての通り、陳列はほぼナシ。



IMGP9406.jpg

こんなにキレイな絵が描かれている。
普通の家の壁に。
こういうセンスって、日本にはないよね。



IMGP9408.jpg

通称ココタクシー。ココナッツ型のかわいいリキシャです。





ここは、物が不足していて大きなスーパーはないし、小さな商店にだって商品があまり並んでいない。
人々は、欲しい物があっても買えない。
物がないってのと、お金がないから。

たとえば、私たちがお世話になっているCASA、大体1部屋15~25CUC(1500~2500円)くらいなんだけど、お客さんが入っていても入っていなくても、国に毎月200CUC支払わなくてはならない。
しかも、1部屋ごとに。
2部屋あったら400CUC。

15CUCの部屋なんて、14泊以上客をとってようやく元が取れる状態。
しかも、光熱費を考えるともっと。

そんな状況なのに、キューバにはCASAがたくさんある。
時には、何でこんな場所で!!?
ってくらい辺鄙な場所に構えているところもある。

税金がこんなに高いのに、どうしてCASAをするかと言うと、現金収入源が少ないから。
つまり、仕事があまりないから。

らしい。



IMGP9416.jpg

こんなアパートを見ていたら・・・


IMGP9417.jpg

ご近所さんとバルコニーでお喋り。





それでも、人々は明るいし、やさしい。
治安も良い。



IMGP9424.jpg

こんなオシャレなバーもありますよ。


IMGP9426.jpg

演奏隊だっております。



良い国だなぁ。

この、良い国ってのは、旅行者にとってってことだからね。


物価は高いけど、夜1人で歩ける町ってやっぱりいい。





IMGP9434.jpg

突然現れる大砲。



IMGP9439.jpg

至る所に『チェ・ゲバラ』。



IMGP9443.jpg

の、家。デカイ表札。



IMGP9444.jpg

ゲバラの仕事机。



IMGP9450.jpg

ゲバラの家から望むハバナの町並み。








さて、そんなキューバの革命のあった1959年から2年後の1961年ヒロン湾事件で勝利した事を祝福するセレモニーが16日にありました。



IMGP9487.jpg

革命広場で行われたセレモニーに出席していた軍人たちが帰ってくる。
・・・間に合わなかった。



IMGP9491.jpg

たくさんの人たちが行進していた。



IMGP9498.jpg

無数のキューバ国旗。





キューバ革命が起こってからまだ約50年。
革命を起こしたカストロはまだ生きている。
まだまだ新しいこの国、今後どうなっていくのか楽しみ。

たくさん問題はあるようだけど、このまま安全で明るい国でい続けて欲しいな。




IMGP9529.jpg

旧国会議事堂(カピタリオ)。



IMGP9530.jpg

ついつい行ってしまう、中華街と中華料理屋。



IMGP9519.jpg

50年近く働き続けている車。



IMGP9545.jpg

日曜日のカテドラル前。
何か、菖蒲の葉っぱみたいなものを配っている。
きっと何かご利益があるのだろう。






そんなこんなで、13日間滞在したキューバを去る日がやって参りました。






IMGP9560.jpg

こんなエアチケットで。

ここまでアナログなチケットは初めて出会いました。
恐るべし、ケイマンエアウェイズ・・・


IMGP9563.jpg

こんな飛行機で。




IMGP9565.jpg


ケイマン諸島に!!!!!






トランジット。






の後、行くのは





JAMAICA!!!

スポンサーサイト

海の楽しみ方を知らない


2011/04/10-2011/04/13



今回の旅で初めて海に行ったのはエジプトのダハブだった。


その海は、波のない穏やかな海だった。



海の向こうには、アラビア半島が見える。



海の中は、魚たちの楽園。



毎日、スノーケリングとダイビングをしていた。



約2ヵ月半のダハブ生活で海に入らなかった日なんて3日もなかったんじゃなかったかな。


それくらい、海がきれいで楽しくってしかたなかった。



潮水で体がべたつくことも全く気にならなかった。



IMGP9359.jpg





私は今、カリブ海に浮かぶ島にいる。




ここの海も、エジプトの海に負けないくらいキレイ。


青い海、白い砂浜、輝く太陽。




でも、何をしたら良いの?



遠浅の海には、珊瑚も魚もいない。



波もある。



海って、もっと楽しいものじゃなかったっけ?








カリブ海を望むビーチリゾート、バラデロに来てみましたが、イマイチ楽しみ方が分からず、ちょっと海に入ってみても波で海水が鼻に入ってくるし・・・

ぬれた体に白い砂浜は容赦なく張り付いてくるし・・・



ボーっとビーチで本を読むくらいしかすることが思い浮かばない。


IMGP9372.jpg

サルサってな・・・

2011/04/06-2011/04/10


ハバナを後にした私は西部の町ビニャーレス(Vinales)へ行きました。


ここは、変わった景色が見られる田舎の町です。



一応、ガイドブックの説明を引用すると

『キューバの西部、オルガノス山脈の山中に変わった地形がある。もっこりとお椀を伏せたような山々、数多くの洞窟、一見中国の桂林郊外を彷彿させる。この一体はカルスト地形となっていて、社会主義時代の東欧を思わせる素朴な白人農民と風光明媚とが相まって欧米人パッカーに人気がある。』

との事です。

面白そうでしょ??




ここでも、宿泊先はもちろんCASA



070.jpg


071.jpg


087.jpg


美味しいご飯もついている!
ご飯が、美味しくって、量が多くってせっかく旅でダイエットしたのに体重増えそう~!!!!キャー!!!!!



088.jpg



という事で、自転車を借りて近くをサイクリングしてみました!!!


091.jpg


っていっても、サイクリングって感じの爽やかさはなく、汗だくになって炎天下の中を駆け回りましたよ!!!!!!


102.jpg

プレイストリアの壁画。高さ20メートル、幅120メートル以上あるらしい。




15人がかりで5年もかけて描いたらしいけど、この壁画が周囲の景観の邪魔をしているような気がする…





芸術はよくわからん。






炎天下の元、ひたすらペダルを漕ぐ。自転車の調子は悪い




まだまだチャリで駆け回り、約1時間後辿り着いたのは


インディヘナの洞窟。



129.jpg



なんだそれ??




良く考えてみれば、自分の胸に手を当てて考えてみれば、鍾乳洞以外の洞窟ってあんまり来たことないかも。
洞窟って、湿ってるイメージなんだけど、カラッと乾いてて涼しくって快適です。

そんなインディヘナの洞窟の中には川が流れているのです。




138.jpg

コーヒー色の川。っていうか、泥水。
出口ではおっちゃんたちがエビを餌にカメ釣っていました。
カメなんて釣ってどうすんだい?


IMGP9257.jpg

バナナの葉っぱで作ったバッタを頂きました。
帽子にピッタリ!!!
私は日々こんなに浮かれた帽子をかぶっています。



IMGP9259.jpg

バナナの葉っぱで作った入れ物。
売れている様子はない。





もうね、坂を上ったり下ったりしている間に私のデリケートなヒップは悲鳴をあげてたわよ。
コンクリートのように硬いサドル、サスペンションなんてない。
ギアは変な音を立てるし、うまくはまらない。
こんなおんぼろ自転車乗ったことない!!!

まぁ、これも経験。

IMGP9265.jpg

途中の果物屋さんでパイナップルを食べました。
パイナップルって、芯まで食べれるって知ってた?しかも、芯の方が甘いのよ。
更に、熟れたパイナップルにはエグミもなく甘くて美味しい~!





そして、その翌日には


乗馬。





166.jpg

天高く、馬肥ゆる秋かな・・・あ、春でした。



行っていきなり馬に乗せられ、出発します。

私はエグゼクティブで箱入り娘なので落馬の心配のあるものに乗ったことがなかったので、ちょっとビビッた。

でも、馬はおりこうさんなのでガイドの言う事を良く聞いて、私たちを乗せてくれるんです。




177.jpg

手綱を引くとストップ、左右に振ると、曲がる。
お利口な馬、カラメロくんです。






途中、何故か葉巻畑に連れて行かれ強制的にジュースを飲まされたり、見学させられたり・・・


IMGP9286.jpg


タバコの葉っぱを干しているところ。


211.jpg

葉巻を手で巻いている。
そして、調子に乗って吸ってみる。旨いのか、これ??




214.jpg


更に馬に乗って遠くまで。

前日の自転車によってダメージを受けた、デリケートなヒップが痛い。

てか、旅に出て度々ヒップが痛くなっている気がする。
旅はヒップによくないですね。





そして、連れて行かれたのは前日に引き続きまたしても洞窟




IMGP9304.jpg



訳が分からないまま奥まで行くと・・・




池。





この池の水はきれいなのだろうか?



深いのか、浅いのか、どっちなんだ???



人が泳ぐのに適しているのだろうか????




数々の疑問はあったものの、ガイドが泳げというし、水着を着てきたし



250.jpg




欧米人が泳ぎだすし・・・




247.jpg


私も泳ぎました。



もうね、キレイとか汚いとか、深いとか浅いとか、


関係ない。




ただ、





冷たい。





予想はしていましたよ、もちろん。


外気温に比べてかなりひんやりな洞窟の中を流れる川なんだか池なんだかです。
そりゃ、冷たいだろうと。




本当に冷たかった。



そして、不気味だった。




欧米人はまだ泳いでいたけど、私は早々に退散。




ここでも、また白人の脂肪と私の脂肪の質の違いを見せ付けられる結果となりました。



そんなこんなで、同行者が馬の尻尾を触って馬に蹴られて負傷するというトラブルもありながら、4時間に及ぶ乗馬ツアーは終了した。




2日も立て続けにダメージを与え続けたデリケートなヒップですが、今はもう万全の状態です。
もう、ダメージはいらない。




自転車や、乗馬以外にも、サルサのダンス教室に2日も続けて通ったり、クラブに行ったり、なんとなく充実した日々は過ぎていったのでした・・・






153.jpg


クラブでは、サルサを踊る。
教室に行ったにもかかわらず、全然踊れない。
後ほど、動画を撮って見たら、私はロボットだった。
知らなかった。自分がロボットだったなんて。
ハカセ!!!!!!




IMGP9274.jpg

美味しいご飯。





あ、変わった地形が売りのビニャーレスなのに、変わった地形の写真撮り忘れた・・・



カリブに浮かぶ赤い島

2011/04/04-05





今私はかつて『メキシコ湾の真珠』と呼ばれ、現在は『カリブに浮かぶ赤い島』と呼ばれる国に来ています。


アメリカ大陸で初めて成立した社会主義政権。



そう、




CUBA




はい。





なんだか、キューバってなんとなく怖いイメージがある・・・と思っていたのですが、世界一周中に会う人が

『キューバは治安が良いし、良いところだよ!』

と言うので、興味が沸いてきちゃって






IMGP9199.jpg








来ちゃいました。




IMGP9200.jpg




とりあえず、最初は首都のHavanaで滞在する。



が、メキシコのイスラ・ムヘーレス島に行った時にひいた風邪が治っておらず、Havanaではほとんど出歩かずに宿に滞在・・・





ということで、ちょっとだけHavanaの町の紹介をば。






032.jpg

久しぶりに見るサイクルリキシャ。




それにしても、町を歩いていて目に付くのは

クラシックカー。


古い、何年使っているのか分からないような車がいまだに現役でブイブイ言わせている。


日本で走っていたら、壊れちゃうんじゃないかって心配になっちゃうくらい古いのに、大切に使っているのかとてもきれい。



053.jpg




IMGP9212.jpg





こんな風にたくさんのクラシックカーが走っているので、キューバ自体に興味が沸かなくても車好きの人は来たら楽しいかもしれません。


1回、こんな車に乗ってみたいな~。

チャンスがあれば、キューバで乗ってやろう!!!




てな感じで、Havanaの日々は過ぎ・・・最後にまたHavanaに戻ってくるので、その時にちゃんと観光をしますよ~っだ!!!





IMGP9213.jpg

わたしの軌跡

the photos of the trip
写真を載せてます。
最新記事
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
旅でであった人たちへのリンク。みんなに会えてよかったよ~!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

NAME:わたしたかこ

まるい地球をぐるっとまわってきま~す!
2010年1月14日出発。
   4月 1日一時帰国。
   5月22日再出発!

性格:楽しいことが好き!
   
今までの渡航経験:カナダ(13歳)、韓国(24歳)


せっかく、豊かな経済大国日本に生まれたんだから、その恩恵をたっぷり受け取っちゃおう!
大富豪じゃなくっても、世界一周はできるんだ~!

twitter
ルート予定
大雑把なルートです。 陸路は途中で変更する可能性大です。
名古屋⇒香港
香港⇒ムンバイ
インド・ネパール
デリー⇒アンマン
中東・アフリカ・欧州
マドリッド⇒キト
エクアドル・ペルー・ボリビア・チリ
サンチャゴ⇒イースター島
モア~イ
イースター島⇒サンチャゴ
サンチャゴ⇒プンタアレナス
パタゴニア・アルゼンチン・ブラジル
サンパウロ⇒メキシコシティ
マヤ
メキシコシティ⇒ロサンゼルス
ハリウッドでセレブ体験
ロサンゼルス⇒ホノルル
リゾート
ホノルル⇒名古屋


空路 陸路
FC2カウンター
旅の間の本棚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。