スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

捕らわれの姫

2011/02/01-08

ごきげんよう。


プリンセスたかこのコーナーです。



ラプンツェルってご存知??
なんでも、お母様が隣の魔女の家の庭に生える草を食べたせいで塔のてっっぺんに捕らわれていたらしいわね。
まぁ、お母様が人の家の庭に生える草を食べるって時点でお里が知れるって感じだけど。
そんな彼女、長い髪の毛を使って王子に塔から救助されたらしいけど。
だいたい、塔の最上階から地上まで届く髪の毛ってなんなのかしら??
怖いわ。


そんなラプンツェルも真っ青な状態に姫(私)もなってしまったの。
そんな物語。



2月1日火曜日、働く男の町ポトシを後に、チリへの移動のため再度ウユニへ向かう姫(私)。


久しぶりの1人移動なので、ちょっとドキドキしていたわ。


そんな矢先、バスの休憩中・・・



サンダルの鼻緒が切れた。



不吉!!!これから何があるっていうの???



修復不可能。



はだしでバスに乗り込む姫。



育ちのいい姫(私)にとって、はだしってちょっとイヤだったんだけど仕方ないわね。



なんとか、何も起こらずウユニに着いたの。



ザックから靴を出して不本意ながらはだしで履いたわ。



・・・野蛮ね。



ホテルにチェックインして、荷物を置いてチリのカラマ行きのバスチケットを購入したわ。



・・・深夜3時半出発・・・?????



起きられるかしら???



今夜は早く寝て、バスに乗り遅れないようにしないと。




と思っていたら、ラパスから王子(友達)が来たわ。



せっかくなので、王子(友達)と時間を過ごすために今夜のバスには乗らないことにしたわ。



2月2日水曜日、またバスのチケットを買いなおしたの。

今度は午前4時発!!!


どうしてこんなとんでもない時間にしか出発しないのかしら??



まぁ、いいわ。



夜12時半、王子(王子)が出発するというので見送りに行ったわ。


あら、出発までまだ3時間あるし、少し寝ておこうかしら。


目覚ましもセットしたし、大丈夫よね??



2月3日木曜日。


チュンチュンチュン・・・


あら、もう6時半!!


なんてことかしら????


起きられなかったわ~!!!!!!



ショック!!



でも、仕方ないわね。次のバスのチケットを買いに行こうかしら。




・・・なんてこと!!次のバスは日曜日の深夜、月曜日の早朝って言うじゃないの!!!

どうして!!!!!


もうイヤだ・・・



そんなこんなでモタモタしている間に、ダハブでお友達になった姫や王子がウユニに来たわ。

再会ってやつね。


まぁ、みんなに会うためにウユニが気を利かせてくれたって事かしら??



なんて感じで、2月4日金曜日、もう時間があまりないのでアルゼンチンへ抜けてからチリへ行く事を決意したわ。


アルゼンチンとの国境ビジャソン行きの列車のチケットを購入して、出発時間を聞くと


明日の朝7時。


なんて素敵!!


いい時間に出発するわね☆


しかも、庶民の席は満席だったので奮発して貴族の席を取ったわ。
値段にして2倍以上ね。



2月5日土曜日、宿のお友達に見送っていただいて駅へと出発したわ。


王子(友達)「寂しくなったら帰っておいでよ~!!」


駅へは宿から徒歩2分。


着いたわ。


そして、誰もいないわ。


なんで!!!!!?



駅員をなんとか見つけて聞いてみると、列車は昨日の夜出たとか・・・



なんで!!!!!?




何で!!!!?

7時って言ったじゃん!!!!


何これ??



結局、何時に列車は出たのさ???


私が何をした???ウユニ!!!!!!



寂しかったら、宿に帰ってきたわ。



もう、仕方がないので日曜の深夜、月曜の早朝に出るバスチケットを購入したの。



もう、乗り過ごす事はできない。



ギリギリよ。




もう、寝ない。



徹夜でバスに乗る!!




4時に出発だから、3時半に宿を出ればいいわね☆




と思って、バス停に行ってみると出発は3時半!!!!




危なかった。



15分も遅刻したのに乗れた。



本当に危なかった。



いや~、ウユニ怖いぜ。



そして、なんとかウユニ脱出のバスに乗り込んだのよ。



4度目の正直。




ほ~。



バスは5時間かけて国境へ。



国境は砂漠の真ん中。



IMGP8867.jpg




で、何故か3時間近く待たされたわ。



何待ち??



あぁ、チリ側のバスが来たわよ。



チリ側のバスに乗り込んで、チリ入国のイミグレーションへ行ったら今度は


荷物検査!!!!



コカもマリファナも持ってないわ。


でも、バナナを没収されたわ。


もう、荷物検査するとまたパッキングしなくてはいけないから面倒くさいのよ!!!


姫はバナナくらいしか持ってないわよ!!!!


飴ちゃんがどこかに行ってしまったわ!!!!!



でも、なんとか無事チリに入国できたんだからいいことにしましょう。



チリ側のバスでカラマまで一気に行くわ!!!




Zzzzz




あら、なんだか止まってるわ???


どうしてかしら?



こんな道の真ん中で???






・・・タイヤが穴にはまってる。




何これ??



捕らえて放さないウユニ。



怖いわ!!!



運転手が一生懸命、エンジンをふかしているけれどこれって乗客が降りてちょっと押せばすむ事じゃないのかしら???


みんなまだバスに乗ってるけど。



30分くらい経過したかしら??



どんどん後続車が増えていくわ。



IMGP8874.jpg



そして、後続車のドライバーが私たちのバスを押しているわ。



バスの中にはたくさん人がいるのに、どうしてもっと早く乗客にヘルプを求めなかったのかしら???


結局乗客何もしてないし。




チリ全土の道路が早く舗装される事を切に願うわ。




もうね、鼻緒が切れるとやっぱり不吉なのよ。



何だかんだで塩湖にも行かないのに5泊もウユニにしてしまったわ。



本当なら、チリのアタカマ砂漠で砂漠を満喫しているはずだったのに!!!



無事、カラマに着いたらそのままサンチアゴ行きのバスに乗って
24時間近くバスに揺られて
サンチアゴに着いたらそのまま空港行きのバスに乗って

今、空港です。


本当、ギリギリ。


1週間同じTシャツを着ていたせいでかなり芳しくなっています。


明日の朝出発の飛行機でイースター島へ行きます。



コーヒー1杯で2時間くらい粘っていたら追い出されました。


今、トイレの前の通路に座ってインターネットをしています。



皆様、ビーチサンダルの鼻緒が切れたらご注意を。


不吉なことが起こります。



これがラプンツェルも真っ青な姫の物語。






これって、私が悪いの?????


節分なのに豆まかなかったから????



怖い怖い。


スポンサーサイト

働く男達

2011/01/30-31



最高の思い出の地、ウユニを去る日がやってきた。



といっても、4泊しかしてないんだけど。




IMGP8792.jpg


IMGP8794.jpg
見送りに来てくれたみんな。
また、どこかで会いたいな~。会えるよね??





ウユニから悪路をバスに揺られること約5時間。


爆睡していたから悪路は気にならない。



次なる町はポトシ。


アンデス山脈中の盆地にあり、標高約4,000m。人が住む都市としては、世界最高地点である。

スペイン統治時代に金・銀を多く産出する鉱山が開発され、45,000tの銀などを産出したが、19世紀にはすっかり枯渇してしまった。銀の枯渇に加え、19世紀初頭の独立に伴う戦乱で、荒廃が進んだ。その後、19世紀末からは錫(すず)が大量に採掘されるようになり鉱山の活気も復活したが、現在では錫もほぼ枯渇している。しかし、現在も主に手彫りで作業を続けている坑夫がいる。
1987年、セロ・リコ鉱山を含め、他の建造物とともに世界遺産に登録されている。奴隷制度の象徴として、負の世界遺産にも数えられている。


(wikipediaより抜粋)




そんなわけで、鉱山ツアーに参加してきました。




IMGP8803.jpg

服が汚れないように、作業着に着替えてしゅっぱーつ!!




まずは、市場に行って鉱山で働く人たちへのお土産を購入。




IMGP8804.jpg

コカの葉、石灰、タバコ、酒、コーラなど



坑夫は、食事も取らずにコカの葉を噛みながら仕事をするらしい。
ためしに、コカインの元になるコカの葉と石灰を一緒に口に入れて噛んでみる。

コカの葉は渋い。
石灰は甘い。

合わせると、口の中がしびれる。


IMGP8808.jpg

ヘッドライトを装着して、お土産を持ってイザ鉱山の中へ。


内部は、暗く埃っぽい。
マスク無しではかなり辛い。
マスク、もって来てよかった。


IMGP8814.jpg

トロッコを押す、働く男達とガイド。


働く男達の頬は、コカの葉で膨らんでいる。



鉱山で働く人たちの日給は約80~90ボリビアーノ。
1000円前後だ。
辛い労働なのに、この賃金。
それでも、みんな働く。
10台の前半から働き出すらしい。
そんな状況でも約9,000人の人たちが働いているらしい。

ガイドがスペイン語だったので全然分からない。
何故、英語ガイドじゃないんだ?

まぁ、私以外はみんなスペイン語できるから問題ないけど・・・涙

IMGP8820.jpg

穴の中に入ったり、

匍匐前進したり、

お土産渡したりしながら時は過ぎていく。


このツアー、ダイナマイトの爆破が見られると聞いていたけれど、私たちの参加したツアーでは危険だからと言って、爆破はなかった。
まぁ、爆破には特に興味なかったからいいけど。


IMGP8833.jpg

鉱山の中にある神様。大地の神様らしい。


9時に始まったツアーは、13時に終了。


鉱山に行ったのは初めてだったけど、こんな過酷な環境の中で働いている人たちがいるなんて・・・
最近、チリの鉱山で生き埋めになった人がいたけれど、もし自分がここに閉じ込めらたら多分、発狂する。
空気が汚いし、なくなるかもしれないし、石が落ちてくるかもしれないし・・・

年間、事故や病気で約40人が亡くなっているそうです。





ツアーが終わった時には、体も髪の毛もすごく埃っぽくなっていた。



IMGP8836.jpg

街中のかわいいゼブラゾーン。



IMGP8841.jpg

昼間からビールを飲むお気楽な日本人達。



この日の夜、クスコから一緒にいた愉快な仲間達がラパスへ旅立っていきました。
1ヶ月以上も他の人と一緒に旅をしたのは初めてだったけど、すごく楽しかった。
クスコ、マチュピチュ、プーノ、チチカカ湖、コカパバーナ、ラパス、コロイコ、ウユニ、ポトシ・・・
本当に楽しくって、1ヶ月があっという間だったのに、思い出すとすごく濃くて長かった。
皆とのお別れはすごく寂しかったけど、いつかまた会えると信じて別々の道を歩む事にしました。


バイバイ。

美しすぎる世界

2011/01/27-28


マチュピチュに続いて、南米のハイライト



ウユニ塩湖!!!!




ウユニ塩湖とは・・・







とにかく、待ちに待った雨。

水の張ったウユニ。


言葉は要らない。



見て感じてくれ!!!!!!





まずは、手始めに『列車の墓場』へ。


なんだか知らないけれど、ウユニの町のハズレに使われなくなった列車と線路が放置されています。


1列車の墓場1


2列車の墓場4


3列車の墓場5



ここ、ツアーでは15分しか時間がとられなかったんだけど、私はすごく好きだった。

もっといたかったな~。

何もないところに錆びた線路と列車がある。

きっと、夕日や朝日もきれいなんだろうな~!!!

ここ、好きだな~。




続きまして、塩を作る工場へ行ったのですが、テンション上がりまくってもう、塩の工場なんて見てられなかった(笑)



4塩工場2


とりあえず、観光地価格の高いビール(約120円)を購入。



4塩工場3

したら、ますますテンションアゲアゲ。こんなんになっちゃう!



5塩工場1

塩で出来た小物入れ。なめたら本当に塩味だった!!
かわいい!





で、いよいよ



水の張った美しいウユニ塩湖!!!





ここからは、言葉は要らない。




car1.jpg


car2.jpg


car3.jpg


car5.jpg


suikawri.jpg



スイカ割り2


ふんどし1


ふんどし2


ふんどし4


ふんどし6


ふんどし7


ホテル1


塩湖1


塩湖2


塩湖3


塩湖4


塩湖6


塩湖7


塩湖8


塩湖9


朝日1


朝日2


夜1


夕方















今まで約8ヶ月旅してきた中で、



間違いなく




最も美しい場所だった。



写真なんかじゃ絶対伝わらない。



こんなに美しい場所が地球にあるなんて。





地球に生まれてよかった。



世界一周の旅に出てよかった。



最高の仲間達に囲まれて、最高の場所に行けてよかった。



もう二度と、こんな経験できない。



本当に、本当に、ここに来られてよかった。










みんな、ありがとう。


ウユニ塩湖への道

2011/01/25


ウユニへバモス!!!!



ついに、ついに、ウユニ塩湖に水が張ったとの情報が!!!!



待っていたのです。



ウユニに水が張るのを!!!!


ウユニ塩湖っつったらあれですわ。


『世界で最も平らな場所』



約12,000km²という、広大な面積を持ちながら、高低差はなんと50cmっつうすっごく平らな平らな場所。


ここに雨が降って、水が張ると大きな鏡のように空を写し、まるで宙に浮いたようになる。



乾季のウユニもきっとキレイだけど、見たいのは雨季で水の張ったウユニ!!!!!




てことで、遂にラパスを出てきました。




なんと、この日ラパスを出た日本人総勢15人!!!!


みんな、雨を待っていました。



15人で移動って始めてですわ。



軽く遠足みたいになってた。





ラパスからオルーロという町までバスで行き、そこからは




電車!




久々の電車移動。



・・・と思ったら、マチュピチュの帰りも乗ったか。









IMGP8520.jpg

オルーロ駅でやんす。




IMGP8523.jpg

頼れる兄さんようすけくん。








オルーロ駅からウユニ駅までは約7時間。

皆で乗ったら、荷物の心配もしないでウロウロできるし、トイレもキレイだし、電車は快適だな~!




IMGP8533.jpg

愉快な仲間たちはトランプに興じておりました。



IMGP8538.jpg

食堂車があったので、ちょっぴり優雅にビールタイム。



IMGP8540.jpg

車窓にはこんな景色が続きます。



途中、窓の外にフラミンゴの群れが!!
ガラパゴスでも見たけど、あれは数羽だったからな・・・





そしてなんだかんだで・・・到着!!







IMGP8529.jpg IMGP8543.jpg




IMGP8551.jpg

遠足です



夜、10時半ごろウユニ駅に到着し、早々に宿にチェックイン。
ゆっくり休むとしましょう。










LaPaz最後の日々

2011/01/23-24


ラパス名物、

インディヘナのおばちゃんのプロレス

を観てきました!!!


プロレスって、テレビでもほとんど観た事がなくて、ましてや生観戦なんて初めてなのでちょっと楽しみです!!!


ただ、ここはボリビアだし、戦うのはおばちゃんだし、そんなに期待はしてないけど。



IMGP8461.jpg

こんな会場でバトルです!




IMGP8465.jpg

マスクだって買っちゃったよ!!30ボリビアーノ(約360円)!





最初のうちは、その辺のおっちゃんみたいな人のファイトが繰り広げられ、あれ~??って思ってた頃に



満を持しておばちゃん登場!!!!



IMGP8486.jpg

マイクパフォーマンスだってしちゃうんだな~。




IMGP8493.jpg

このスカートで投げたり投げられたり・・・



もちろん、パンチラありで☆



全部で6試合くらい行われたのですが、まぁ、どの回も同じシナリオ。



ヒール役とレフェリーがグルになってヒーロー(ヒロイン?)をやっつけた後、観客のブーイングで試合再開。そして、ヒーローが勝つという・・・



まぁ、こんなもんでしょう。



結構楽しめました。




そんなこんなで、長かったラパスの日々も終わりを向かえ、最終日にはいつもと違う日本料理屋で舌鼓を打ち、次なる土地へ・・・




IMGP8518.jpg

カツカレー!!!うまかった。うまかった。うまかった。
(ワガママレストラン)



ラパス、ボリビアの首都。
何もすることないだろうな~って思ってたけど、何だかんだでやる事がたくさんあったし、楽しい仲間達がいたのでついつい長居しちゃって2週間もいたな。
2週間もいたのに、同じところばっかり行ってたけどたのしかったな。



そして、次は遂に






UYUNI!!!!

わたしの軌跡

the photos of the trip
写真を載せてます。
最新記事
最新コメント
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
旅でであった人たちへのリンク。みんなに会えてよかったよ~!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

NAME:わたしたかこ

まるい地球をぐるっとまわってきま~す!
2010年1月14日出発。
   4月 1日一時帰国。
   5月22日再出発!

性格:楽しいことが好き!
   
今までの渡航経験:カナダ(13歳)、韓国(24歳)


せっかく、豊かな経済大国日本に生まれたんだから、その恩恵をたっぷり受け取っちゃおう!
大富豪じゃなくっても、世界一周はできるんだ~!

twitter
ルート予定
大雑把なルートです。 陸路は途中で変更する可能性大です。
名古屋⇒香港
香港⇒ムンバイ
インド・ネパール
デリー⇒アンマン
中東・アフリカ・欧州
マドリッド⇒キト
エクアドル・ペルー・ボリビア・チリ
サンチャゴ⇒イースター島
モア~イ
イースター島⇒サンチャゴ
サンチャゴ⇒プンタアレナス
パタゴニア・アルゼンチン・ブラジル
サンパウロ⇒メキシコシティ
マヤ
メキシコシティ⇒ロサンゼルス
ハリウッドでセレブ体験
ロサンゼルス⇒ホノルル
リゾート
ホノルル⇒名古屋


空路 陸路
FC2カウンター
旅の間の本棚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。