スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上流階級に入りたい

2010/11/7-8


はてはて、最近移動ばっかりで1ヶ国1記事になってますね・・・


どっか、気に入ったところがあったらゆっくりしたい気もするんだけど、進みたい気持ちが大きくってじっとしてられない。
なんでだろう??
移動ばっかりだとお金かかるし疲れるのに、移動したくなっちゃうんだよね。


う~ん・・・?



さて、ここはオーストリアの首都、音楽の都ウィーンざます。


オーストリアと言えば、私でも知っている世界史の超有名貴族ハプスブルグ家のお膝元。



バスでハンガリーから来たは良いけど、ココどこだ??

場所わかんねぇよ。


とりあえず、地下鉄の駅があるから自分の位置を確認しようと、ガイドブックを広げていたら、イカしたおばさんが

『どこに行くの?
 オッケィ。カモン!!』

と言って行き方から乗り換えの場所まで教えてくれました。


どこの国でも、地図を広げていたらみなさん助けてくれます。
日本でもそうありたいものですねぇ。
英語が出来ないとか、関係ないよ。



でも、あれ??
このおばさんチケット買ってない。

あれ?無賃乗車??
それとも切符要らないのかしら???

結局、切符を買わずに目的の駅まで行き、お宿にチェックイン。


最近、無賃乗車多いな…



IMGP6737.jpg


オーストリアの女傑
マリア・テレジア。

あの、マリーアントワネットの母であり、ハプスブルグ家初の女帝であり、即位中に16人もの子供を生み、11人を成人させたというミラクルな女性。

すごいわ。


見て、この天気。
どよよ~ん。
曇り空。曇ってばっかり。
雨じゃないからまだ良いけど、太陽が見たい。
太陽光を浴びたい。
道端で裸になって日光浴する欧米人(イメージ)の気持ちが良くわかるわ~。




IMGP6739.jpg

雰囲気を盛り上げるお馬ちゃんたち。



IMGP6740.jpg

とりあえず、服を着ろ!!
衣食住そろって初めて文化的な生活がおくれるのですよ。
ていうか、こっちの彫刻ほとんど裸。みんな裸。服着ろ。



IMGP6745.jpg

街中のピノッキオ。
どうしてこんなところにいるの??





さて、ウィーン市内の観光はバッチリした。
王宮も行ったし、宮殿も行ったし、教会にも行った。
もう、いかにもヨーロッパって感じなので想像通りなので、写真は載せません。
もう飽きたでしょ???
とりえず、言える事は豪華!!!
王宮内の部屋とかも見たけど、マジで絢爛豪華とはこのことね。
ここで生まれ育ったら私だって
『ご飯がないならお菓子食べとけば~?』
って言っちゃうね。
写真撮影禁止だったから写真ないけど、ほんとうに、派手で豪華なのに落ち着く感じ。
さすがのセンスです。


で、ここは音楽の都ウィーン。
(英語ではヴィエンナ)

せっかくなのでオペラを観にいこうではありませんか。
スケジュールを確認すると、11月はマダムバタフライ!!
ラッキー!なんか分かりやすそうな演目だし行っちゃおう!!



あ~ん、オペラだなんてドレスアップしなきゃいけないんじゃないの???
安くてかわいい服があったら買っちゃお~☆

と思ったら日曜日で店全部閉まってた。
キリスト教の安息日。みんなお休み。

いつも通りの服で行くか…



ところで、オペラなんてお高いんじゃないの??と言う、あなた!!!
そうなんです。高いんです。



でも、立見席ってのがあるんです!


なんと、3ユーロから!!!!


こりゃ行くでしょ?



開演の1時間半前から立見席用のチケット売り場に並んでチケットゲット!!


IMGP6749.jpg


チケットを買うのに並ぶ人々。
ドレスアップしてる人なんてココにはいねぇや。
ほっ。


場所は舞台正面のパルテッレ4ユーロ。
ちょっとだけ高い。


そして、11はマダムバタフライだと思っていたら、11はマダムバタフライだった。
今日はバレー。



IMGP6759.jpg

立見席はこんな感じ。
このポールに自分のスカーフなどをくくりつけて席確保。
みんな疲れて地面に座って休憩中。


想定外だったバレーだったけど、充分楽しめた!!
もうね、バレリーナがキレイ!
点みたいに小さな頭と、小枝みたいに細い体!
同じ人類ですか???ってくらい!


私もバレー始めたら、あんなんになれるかしら??


そして、男性は江頭もビックリパッチリタイツ!
なんで!!
何か着せてあげなよ。本人は恥ずかしくないの????




そして、再度スケジュールを確認したところ翌日こそはマダムバタフライ
リベンジってきました。

今度は、人気がありそうだったから開演の2時間前からチケット売り場に並んで、また4ユーロの立見席。
早く行った甲斐あって、前のほうに席取れた!

それにしても、バレーの時と比べてお客さん多い!
人気なのね。


マダムバタフライは蝶々婦人。
長崎が舞台のオペラです。
だから、舞台装置も日本。
役者もみんな着物。
どんな衣装で出てくるのかな~?ってのも楽しみ☆




でも!!!!
私はアレを日本とは認めない!!!
着物はスカートじゃありません!!!
何故、裾広がりなんだ!オハショリはどこ行った??
変なシワよってますけど!!
おい!!!ガニマタで歩くな!!相撲取りか!!?
扇子パタパタしすぎ!!!!


お願いだから、アレを日本文化だと思わないでね…ってくらいひどかった。
もっと着物に詳しい人が見たら、卒倒したかもしれない。
日本人の着付け屋さんと、演技指導を望む…


それにしえも、外人の着る着物って違和感すごいわ…



IMGP6761.jpg

オペラはイタリア語で演じられるので、こんな機械で英語の解説が流れます。


日本文化には大いに物申す!!だったけど、オペラ自体は楽しめたかな。
3時間立ち続けて、疲れちゃったけどいい経験をした!



IMGP6756.jpg

JOJO



さっきから文句ばっかりなんだけど、もう1つ。
日本人って、ドレスアップ下手すぎ!!
オペラにはたくさんの日本人が来ていて、立ち見ではなくちゃんとした椅子の席で観る人もいる。
そういう人はみんなドレスアップしてるんだけど、日本人のドレスアップはひどかった。

自分もあちら側にいたら気付かないけど、客観的に見たら…

なんか、気合入りすぎ!!っていうか抜けてるって言うか…


どうして、その服にそんな変な靴合わせてるの!!!?
とか、
どうして、そんな変な髪形してるの!!!?
とか、
どうして、背広のシツケを取ってこなかったの!!!?だれか教えてやれよ!!外人が変な目で見てるじゃん!!!
とか、
いや、その服季節的にどうしようもないでしょ。
とか。


自分を棚に上げて言いたい放題ですね。
許してください。
たぶん大学生くらいの人が多かったんだけど、若さだけではカバーしきれないダメッぷりが、なんかちょっと恥ずかしかった。



そんな私は、ドカタのおっさんみたいなフリースにジーパン。髪はボサボサ。
人のこと言えねぇ。


IMGP6752.jpg



そして、影響されやすい私。
バレー観た後プリマドンナ気分で、オペラ見た後はマリア・カラス気分で無賃乗車で地下鉄に乗って宿へと帰ったのでした。

いつか私もドレスアップしてちゃんとした席でオペラ観賞したいな~!!
スポンサーサイト

わたしの軌跡

the photos of the trip
写真を載せてます。
最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
旅でであった人たちへのリンク。みんなに会えてよかったよ~!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

NAME:わたしたかこ

まるい地球をぐるっとまわってきま~す!
2010年1月14日出発。
   4月 1日一時帰国。
   5月22日再出発!

性格:楽しいことが好き!
   
今までの渡航経験:カナダ(13歳)、韓国(24歳)


せっかく、豊かな経済大国日本に生まれたんだから、その恩恵をたっぷり受け取っちゃおう!
大富豪じゃなくっても、世界一周はできるんだ~!

twitter
ルート予定
大雑把なルートです。 陸路は途中で変更する可能性大です。
名古屋⇒香港
香港⇒ムンバイ
インド・ネパール
デリー⇒アンマン
中東・アフリカ・欧州
マドリッド⇒キト
エクアドル・ペルー・ボリビア・チリ
サンチャゴ⇒イースター島
モア~イ
イースター島⇒サンチャゴ
サンチャゴ⇒プンタアレナス
パタゴニア・アルゼンチン・ブラジル
サンパウロ⇒メキシコシティ
マヤ
メキシコシティ⇒ロサンゼルス
ハリウッドでセレブ体験
ロサンゼルス⇒ホノルル
リゾート
ホノルル⇒名古屋


空路 陸路
FC2カウンター
旅の間の本棚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。