スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さらば、イスラエル Hope your Peace!!

2010/10/16


さて、イスラエル編を全て終えたつもりだったのに、問題発生(笑)



イスラエルから飛行機で出国するのは結構手ごわいと知っていたけれど、本当に手ごわかった。


地球の歩き方には、出国の3時間以上前に空港に行っておかないと飛行機に乗れない可能性があると書かれている。



ちょっと覚悟しながらバスと電車を乗り継ぎ空港へ。


飛行機が朝6時発なので、夕方エルサレムを出るバスに乗ってイスラエルの首都テルアビブへ。
…イスラレルの首都がエルサレムだと思っている人はどれだけいることでしょうか??
私もその一員でしたが、違います。
テルアビブという街が首都です。
誰もそんなこと知らねぇよ。



IMGP5936.jpg

バスターミナルで念願の青マクドナルドを食す。
不味そうだ。でも、普通に美味しかった。
肉と乳製品を一緒に食べる事はユダヤ教で禁じられているのでチーズバーガーはなかった。



バスターミナルから空港までは電車で。

もうね、きちんと整備されている都会ってマジで楽。
イチイチ前日にバスの予約をすることも、電車の予約をするために長い列に並ぶ事もない。
マジらく~。



IMGP5937.jpg

超キレイなプラットフォーム。
シンガポール以来の超都会。
町も都会だったし。
ただ、ヘブライ語の表示しかないため自分で時刻表を見ることは不可能でした・・・



で、11時ごろ空港についてチェックインの時間を聞いたら2時半からとの事だったのでネットして時間をつぶす。


思えば、この時が一番幸せだった…(笑)



チェックインする前の荷物検査。

空港に良くあるあの、ベルトコンベアでX線の機械に荷物を入れてチェックするやつです。


それの前に空港職員がいて、人々に何かを聞いています。

私の番になり、パスポートを渡して質問を受けると

「イスラエルではどこにいたのか。
 イスラエルに友達はいるか。
 荷物をパッキングしたのはだれか。
 パッキングをした後、どこにおいてあったか。
 パッキングをした後、誰かが何かを入れた可能性はあるか。
 エジプトで3ヶ月も何をしていたのか。
 エジプト人の友達はいるのか。
 エジプトで3ヶ月もどこにいたのか。
 エジプトに3ヶ月もいたのに、エジプト人の友達はいないのか。
 どこへ今から行くのか。
 ギリシャの次はどこに行くのか。
 ヨルダンではどこに行ったのか。」


などなど聞かれて、答えていたのだが


「こっちへ来い」


…キターーーーーーー


本物の荷物チェックだ!!!



とりあえず荷物を置いて、別室に連れて行かれ身体検査。
靴を脱いで、ポケットの中身を出して、財布も渡して…
全身女性職員がチェックしていきます。
脱がなくて良かったけど、あまりいい気分ではありませんな。

「武器は持っていますか?」

「持ってないよ!!!」

持ってるはずないじゃん!!!!!
私が持ってるもので一番危険なものはカッターナイフくらいだよ。


そして、始まった。
女性職員による荷物チェック!!!!!!!

「OPEN」

言われるままカバンを開けると、職員の手によってカバンの中身全て出されました。



あ~あ、後でだれが片付けるんだよ…



カバンの中身を全て出すと、今度はカバンチェックですわ。
カバンに金属探知機を当て、X線でチェックして、完璧に確認した後変なシールを貼られた。



ここからが本番ですわ。



私はカバンの中身を分かりやすいように全て小さな巾着やポーチに入れて分類しているのですが、
全部オ~プン!!
チェックチェックチェック!!!

見事なチェックっぷり。

バックパックのほうはまだいい。
それぞれ確認した後はもう一度入れなおしてくれている。

問題は機内持ち込みのデイバックのほう。

こっちはすごい。

入れ物という入れ物全て中身を出されている。
財布の中身までも!!
荷物から札が出てくるたびに
「持っとけ」
と渡される。
それ以外は全部出される。
小銭はもちろん、カード入れに入ってるものも全て。

もうねぇ、本当に、自分の荷物をこんなに人の目に触れさせることはまずないよ。
プライバシーとかないね。
マジで。


私がいったい何を持っていると思っているのか?



約1時間半後、やっと満足したのかチェックが終了した。


いやぁ、長かった。


しかも、これをまたカバンに詰めるのか…はぁ。

バックパックはまだいい。
デイバック、マジTAIHENNだった。
だって、財布やら小さなポーチやらに入ってるものが全て出されているわけだから、まずどれが何に入っていたのかを思い出さないといけない。

TAIHENNだ。

さらに、職員の監視の下でパッキング。
ちょっとやめてよね。

とにかく、面倒くさい。



結局全部で2時間半くらい取られた。

6時の飛行機のために2時半から荷物検査を受けて、開放されたのは5時ごろ。


最後、職員に

「どうしてこんなに too much なセキュリティが必要なの?
 必要ないよ。
 あなた達は私の荷物から武器も何も見つけられなかったでしょ。」



と言うと、疲れた顔で


「私たちには必要なのよ。」



予想と覚悟はしていたけれど、後味の悪いイスラレルとなりました。

一見、平和そうに見える国だけれど空港ではこんなに厳重なセキュリティをしないといけない。
それだけ危険がすぐ近くにあるということだ。
入国の時も、出国の時も、3ヶ月エジプトにいたということが問題だったようだ。
友好関係を結んでいるエジプトに対してさえこんなに警戒をしないといけない。

早く、こんな事をしなくてもいい日が来て欲しいです。


IMGP5953.jpg

荷物検査の結果、パソコンはこんな箱に入れられちゃいました(笑)
スポンサーサイト

中立かな

2010/10/14-16

saigonobansan.jpg
裏切り者はだれ?


イスラエルといえば、新聞やニュースで物騒な事ばかり報道されるのでとても危険なイメージがあると思う。
これは、イスラエルだけじゃなくて中東全部のイメージかな?



しかし、来てみれば人々は日本と同じように生活をしていて、平和そのもの。

ただし、街中に銃を持った警察や軍人がいることを除けば。
本当に、警察と軍人が多い。
彼らは常に銃を肩からさげて、いつでも撃つことが出来るようにしている。

もし、日本の警察が肩から大きな銃をさげていたらどう思う?

怖い。

でもそれが必要なくらいには問題が多いということなんだろうな。
まだ、平和ではない事を証明しているようで怖い。

パレスチナ人イスラエル人
ムスリムユダヤ人の対立。
事前にネットで検索してみたら、多くの人のブログやホームページで

「パレスチナ人がかわいそう」
「何も悪い事をしていないのに、イスラエルに住む土地を奪われ、殺されているパレスチナ人」
「イスラエル最低」

といった意見が多かった。
イスラエルに実際に来てみて、現実を見た上で正直私が思ったのは

「そんなにパレスチナ人かわいそうか?」

ってこと。


なぜなら、
「ハロー!チャイニーズ!
 彼氏探してるのか??
 結婚してるのか?
 ファック」
とか言ってくる人は確実にパレスチナ人。
もう、絶対に。
観光していてウザイのはパレスチナ人。
イライラのもとはパレスチナ人。
街中でケンカしてるのもパレスチナ人。
ぼったくりするのもパレスチナ人。
セクハラしてくるのもパレスチナ人。


そんな人たちのことかわいそうだと思う?

ユダヤ人地区に比べて、アラブ人地区は汚い。
確実にユダヤ人地区のほうが住みやすい。


もちろん、良くしてもらった事もあるが



「さっさとイスラエル全部ユダヤ人に占領されちゃえば??」

って思ったこともある。

ユダヤ人と触れ合う機会が少なかったからよりウザさが強調されているのかもしれないけど。




イスラエル、来てよかった。中立の立場でいられる。





IMGP5838.jpg

毎日のように行っている嘆きの壁。
壁に向かって涙を流している人もいる。


IMGP5828.jpg

壁の隙間に挟まれた紙。
人々の願いが書かれているのだろう。


IMGP5847.jpg

青いマクドナルド。
ユダヤ教の食餌規制コシェルに則ったマクドナルドです。


IMGP5852.jpg

ヤド・ヴァシェム
第二次世界大戦での迫害、虐殺の博物館。
内部が写真撮影禁止だったから写真はないのだが、とにかくお金をかけている。
入場料無料で、大きくてお洒落な建物、展示物も整然と、お洒落に展示されている。
あまりにキレイすぎて、この迫害、虐殺に実感がわかない。
惨さが伝わらない。
伝わってくるのは
『ユダヤ人はこんな事をされてとても辛く、悲しい、不遇の民族だ。
 もっと、分かって!!同情して!!』
というメッセージ。

これって、私がひねくれてる???



IMGP5889.jpg

夜の嘆きの壁。
正統派ユダヤ人はとても特徴的な格好をしているのだけど、いい写真が撮れなかった。
興味のある人は調べてみてください。



IMGP5858.jpg

エルサレムの夜


IMGP5924.jpg

左から「パレスチナ」「ユダヤ」「キリスト」それぞれのシンボルのネックレストップ。
無宗教の私にはちょうどいい。

悲しみの道を歩く

2010/10/13


はてさて、イスラエルといえばキリストが生まれたり育ったり死んだり復活したり昇天したり、キリスト教に縁の深い場所がたくさんあります。



via dolorosa

ヴィア・ドロローサ


キリストが、裁判で有罪とされてから、十字架を背負ってゴルゴタの丘まで歩いた道をヴィア・ドロローサ(悲しみの道)と呼びます。
途中途中計14の、イエスが躓いた場所とか、マリアが見つめていた場所とか、十字架を他の人に担いでもらった場所などが分かるようになっている。


IMGP5733.jpg

第2留。イエスがローマ兵士に鞭打たれ、茨の冠をかぶせられ、十字架を背負わされた教会


IMGP5749.jpg

第8留。イエスが『泣くな』と言った場所
信者がここで歌っていた


IMGP5762.jpg

第10留。イエスが衣を脱がされた場所にの前で集合写真を撮るツーリスト信者達


IMGP5766.jpg

第12留。イエスが死んだ場所
ここに自分の十字架や、ハンカチ、イエスの肖像画(?)を当てている人もいた


IMGP5771.jpg

第14留。イエスの墓
ていうか、イエスに墓があるなんて超意外なんですけど
本当に実在した人物なのね・・・たぶん
行列がすごすぎて、中に入る事は断念。




道中、熱心な信者は歌を歌いながら、聖書を読みながら祈りを捧げている。
熱心でなさそうな信者は私と一緒。
ただ歩いて写真を撮って観光している。

それにしても、人が多い。

IMGP5783.jpg

聖地も立派な観光地。
きっとそれぞれの国で
『イエスキリストの息吹を感じよう イスラエル聖地巡礼ツアー!!』
みたいなのがあるんでしょうね。
敬虔にしろ敬虔でないにしろ。

全然、聖地っぽい厳かな雰囲気はない。



続いて、最後の晩餐を食べたとされる建物にも言ってみました。

このちょっと前から謎のイタリア人とギリシャ人のハーフというアメリカ人のおっさんが絡んできて、勝手に案内と解説をしてくれたので、一応一緒に歩いてみる事にしました。


IMGP5785.jpg

最後の晩餐の部屋は、キリストの縁の場所だが、ステンドグラスにはアラビック文字が書かれ、中心にはユダヤ教の祭壇が置かれている。
と、解説してくれました。
それぞれの宗教が入れ替わり立ち代り実験を握った結果そうなってしまったのでしょうねぇ。


IMGP5814.jpg

鶏鳴教会のステンドグラス。
鶏が3回鳴く前に~のくだりに関係する教会です。
ここはステンドグラスもモザイク画も美しくてずっといたくなるような場所でした。
謎のアメリカ人のおっさんがいなければ…入場料払ってくれたけど。




以前、PASSIONという映画を観た。
キリストにユダがキスをして、キリストが捕まってから死ぬまでを描いた映画です。
グロテスクな表現が多く、この監督変態なんじゃないの???と思って観ていたけれど、実際エルサレムに来てみて、イエスの歩いた道を歩いてみると、すごく分かる。
あの映画を観ていたから、ヴィア・ドロローサの
14留の場所の意味も分かった。
そして、アメリカ人が説明する内容も理解できた。

エルサレムでキリスト縁の地を回りたいと考えている人にはおススメの映画です。
グロテスクだけど…



IMGP5862.jpg

十字架を担いでヴィア・ドロローサを歩く人たち。




この旅に出る前に、宗教の事をちょっとは知っていたほうがいいと思って本を読んだ。
『旧約聖書を知っていますか』(ユダヤ教)
『新約聖書を知っていますか』(キリスト教)
『コーランを知っていますか』(イスラム教) 著:阿刀田高
簡単にそれぞれの宗教について書かれていて分かりやすかった。
もし、興味があれば読んでみてください。
PASSIONに続いて、これらを読んでいたから分かる部分は多かったんじゃないかな。
まぁ、両方とも鵜呑みにはしないほうがいいんだろうけど。




分からない事が分かった

2010/10/12



イスラエルですよ~。


さて、観光するとしますか。



久しぶりの観光だな~。



観光って何するんだっけ???




とりあえず、同じ宿に泊まっている人についていく事にしました。



この国はたくさんの矛盾と問題を抱えているのだが、私がブログ上で付け焼刃の知識を載せてもしょうがないので写真メインでごらんあれ。
興味のある人は、自分で調べてね。

IMGP5629.jpg

神殿の丘に建つ岩のドーム
ムスリムにしか入ることが許されないモスク。
タイルきれいだった~。




IMGP5622.jpg

嘆きの壁
男女嘆く場所が分かれています。
動画が載せられればいいのだけど、やり方がわからないので断念。
頭を振り振り祈る人、天を見つめながら祈る人、壁に顔をつけて祈る人…さまざまです




IMGP5635.jpg

兵士と。
本物の銃を持っています。
こんな人がたくさん街中にいる。
怖いよ。



IMGP5644.jpg

ヘブロンのスーク(市場)
ここはパレスチナ人(ムスリム)の市場だが、頭上からイスラエル人がレンガや石を投げてくるので金網が張られていいる。
しかし、私が行ったときは特に襲撃はなかった。
それよりも深刻なのは市場のさびれ具合では・・・?
ただ、道行くおばちゃんに聞いたところイスラエル人が上から小石や砂を投げてくることがあるとのことです。




IMGP5670.jpg

ベツレヘムにある生誕教会。
ベツレヘムの流れ星、イエスキリストが生まれた場所と言われています。
すっごいたくさん人がいて、ピンポイントで生誕の場所には行けなかったけど、とにかくこの辺でイエスは生まれました。
本当かよ??




IMGP5687.jpg

ベツレヘム(パレスチナ自治区)とエルサレム(イスラエル)を分ける分離壁。
高くて長い壁がずーっと続いています。
ベツレヘム側にはたくさんの落書きが。




DSCF6016.jpg

この落書きは次々と書き換えられたり書き加えられたりしている。
まるで生きているようだ。
3日前に来た人が「変わってる!」って。



IMGP5697.jpg

メッセージがこめられた絵がたくさん。



IMGP5691.jpg

この壁を超えるのに、パスポートチェックがある。
パレスチナ人はこの壁を越えられない。







正直、イスラエルに来てみたものの、勉強不足でよくわからないことがたくさんある。
ネットやガイドブックで調べても、よくわからない。
大体、宗教とか民族とか、全然わからない。

ただ、歪んでいることだけがわかった。
それだけで、まぁいっか。
(自分に甘い)

出エジプト記

2010/10/11


ダハブをなんとか力を振り絞って脱出して、イスラエルにやって参りました。



イスラエルとエジプトの国境、ターバまでミニバスで行って、徒歩で国境越えです。


とはいっても、両方のイミグレーションがすごく近いのであまり徒歩で超えたぞー!!!って感じはない。


エジプトの出国が終わり、イスラエルのイミグレに行く前にイスラエル側のトイレに行った。



!!!!


トイレがキレイだ!

そして、




紙があるー!!!!!!!




なんて素敵!!



なんてハイソ!!!



なんて文化的なの!!!!



しかも、紙の質がいい!


今までの、5回位トイレ行ったら全部使い終わっちゃうような巻きの甘い、分厚い紙ではなく、日本の紙に近いようなトイレットペーパー!


さらに、便器に紙を流せる!!!




イスラエル、いい国なんじゃないの????






おっと、トイレだけでこんなに書いちゃったのは中国以来なんじゃないかしら?

トイレが好きな人と思われないか心配だわ☆




という事で、すっきりしたという事で、イスラエル側の入国です。



イミグレオフィスの入り口でいきなり兵士(警察?)に


「なんでイスラエルに来たんだ?」



「え!!!?」



実はあたい、今まで国境を越えるときにこういうことを聞かれたことがなかったのです。

いつもスルー。


何もなくスルー。


だから、なんと答えたらいいのか思いつかず・・・沈黙・・・




するとこの人、誰かに無線で何か喋ってる!!!


何?????



誰?????



「行っていいぞ」



とりあえず、イミグレの建物の中に入って今度は荷物検査。



空港にある例の荷物検査の機械にバックパックを通すと



「OPEN」




え~!!!!?



開けろって!!


私、見ての通りただの一般市民で怪しい事なんて何もないですよ???



絶対、さっきの無線で何か言われたんでしょう???




まぁ、抵抗しても仕方ないので開けて言われるままに中身を出して確認してもらいました。



シャンプー、洗濯洗剤、鏡などをバックパックから出して再度機械に通して・・・








・・・何も言われない。



何か言えよ。



ていうか、さっきの係りの人どこ行ったの???





他の人に聞いたら、荷物をしまって行っていいとのことなので、パッキングし直した。




いいなら「いい」と言ってくれよ。







とにかく、今度は入国審査だ。





「ハロー」



一応愛想よくしておいた。




が、



「なんでイスラエルに入りたいんだ?

 どこに行くんだ?

 宿はどこだ?

 なんで予約してないんだ?

 友達はいるのか?

 エジプトでは何をしていたんだ?

 どうして1人なんだ?」



等々、しつこく聞かれ、英語が分からない振りをしてやり過ごそうとしていたら



また無線ですよ。



で、



「ちょっとあっちに座って待ってろ。」




・・・仕方ないので指示されたところで選別で戴いたパンを食べながらボーっと待つ。



ダハブであった人で、イスラエル入国拒否スタンプ押された人いたんだけど、大丈夫かしら??

とか、


もし入国拒否されたらまたダハブに行けるわね。


とか考えていると



15分後




「ハロー」



と、さっきの入国審査の人がやってきてパスポートを渡して去っていった・・・





だから!!!


何か言ってけ!!!!!!!




思ったより早かったからまぁ、いいけど。




目出度く中東の嫌われ者イスラエルの入国スタンプを頂戴して、





イスラエル入国~!






ターバ→エイラット→エルサレム

とバスで移動して、町の中心地にある宿にチェックイン。



は~、久しぶりに移動すると疲れるわ~。









この日撮った写真は、手違いにより全てデリート。
ダハブを去るときに皆で撮った写真もデリート。
国境の写真もデリート。

…どうかしてるぜ!!!!




中東の嫌われ者イスラエルのスタンプがあると、シリア、レバノン、イランなどの国に入国できなくなるので、ほとんどの旅行者は別紙にスタンプを押してもらうようにしています。
しかし、私はイスラエルからギリシャへ飛行機で飛ぶので気にせずスタンプ貰っちゃいました☆
この、イスラエルから空路での出国も厄介みたいでまたひと波乱ありそうな予感★
まぁ、大丈夫でしょう!

わたしの軌跡

the photos of the trip
写真を載せてます。
最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
旅でであった人たちへのリンク。みんなに会えてよかったよ~!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

NAME:わたしたかこ

まるい地球をぐるっとまわってきま~す!
2010年1月14日出発。
   4月 1日一時帰国。
   5月22日再出発!

性格:楽しいことが好き!
   
今までの渡航経験:カナダ(13歳)、韓国(24歳)


せっかく、豊かな経済大国日本に生まれたんだから、その恩恵をたっぷり受け取っちゃおう!
大富豪じゃなくっても、世界一周はできるんだ~!

twitter
ルート予定
大雑把なルートです。 陸路は途中で変更する可能性大です。
名古屋⇒香港
香港⇒ムンバイ
インド・ネパール
デリー⇒アンマン
中東・アフリカ・欧州
マドリッド⇒キト
エクアドル・ペルー・ボリビア・チリ
サンチャゴ⇒イースター島
モア~イ
イースター島⇒サンチャゴ
サンチャゴ⇒プンタアレナス
パタゴニア・アルゼンチン・ブラジル
サンパウロ⇒メキシコシティ
マヤ
メキシコシティ⇒ロサンゼルス
ハリウッドでセレブ体験
ロサンゼルス⇒ホノルル
リゾート
ホノルル⇒名古屋


空路 陸路
FC2カウンター
旅の間の本棚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。